スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリティー番組

フシテレビへの抗議デモを
テレビで全く報道しないというのを
目の当たりにして、今まで知らずにきた事実や
ねじくって知らされてきたことが
本当に多かったんだなーって改めて実感。

本当にテレビのニュースや番組を
うのみにするのはやめなきゃ、って思いました。

毎年恒例のチャリティー番組は
今年はほとんど見ませんでした。

明け方、眠気覚ましにテレビをつけてはいましたが
「見て」はいませんでした。

昼間に何度かチャンネルと合わしてみたけど
そのたびに、「無理」とつぶやいて消してました。

私が感じた事なので、人それぞれ違うかもしれません。
不快に思う方もいらっしゃるかもしれません。
その時はどうぞスルーしてください。

病気を克服した方や、障害を持ちながら頑張ってる人たちを
紹介して「こんなに頑張った人がいる」「だからあなたもがんばって」
ということなのかもしれないけど

障害がある人が「○○選手に会いたい」って言ったから
会わせてあげて、一緒にプレーしてもらう・・

「障害がある人だから」ということで
そういう特権を与えるならば、
もうすでにそこで差別しているのではないのかな。

健康な人だって、
苦難の中で頑張って努力している人はたくさんいる。
そんな人が、「スターに会いたい」って頑張っても
番組が取り上げることはない。

チャリティー番組としては、そんな感動的なシーンを
いかにも涙を誘うような構成で、同情を集めているだけ。

どこかのブログの記事にあったが、チャリティー番組でギャラが発生するのは
日本だけらしい。

24時間マラソンをした人も、
毎年交代でメインに立つジャニーズ事務所の人も、

みんなギャラが出てるんだろうし
番組スポンサーは、「チャリティーに貢献している」という
イメージがよい宣伝になるんだろうし

障害者の人たちをかつぎだして、美味しいとこどりをしているだけ。
ってことになる。

昔、高校生の時の同級生が言ってたことを思い出す。
(ドラマのセリフだったらしいけど)

世の中から健常者の数が少なくなればいい。
そうすれば身障者の人が当たり前になり、健常者が障害者になるのに。




どちらが当たり前でもない。
同じ人なんだから。

顔の目鼻が違うように
手や足の形の違う人も、人。

心を持ってるのが人だから。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。