スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親心。

同級生たちと話していたら
それぞれに頑張っている人もいれば
何かあきらめているような人もいたりする。

結婚というものや
仕事や
あらゆるものに。

46歳、そういう年なんだろうか・・

ほとんどが、子育てにひと段落。
子供たちもそろそろ親離れしてきた頃、
っていうのが多いかな。

「大きくなろうと、自分の子供ってかわいいよね。」

「そうそう。いくつになっても、ね。」

「だから、たとえば旦那のお母さんだって
 旦那のことが、かわいいんだろうなーってわかるよね。」


「え?」

「え?」

そこまで思えないらしい。

「まだまだ、そこまでの境地にはなってない。」

そんなに難しいことなの?

感情はいろいろあるけど、


母親が子供を思う見返りを求めない
無償の愛はみんな同じはず。


だから簡単に理解できることだと
私は思ってたけど


違うらしい。


旦那も誰かの息子で

嫁も誰かの娘なのに、ね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。