スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予知ではなく注意喚起。

むかーし、高校生の時に
なんでもなく歩いてて、一瞬フラッシュバックのように
クラスメイトの男の子と渡り廊下を歩いてるところが
頭に浮かんだことがあります。

「なんじゃ?今の。なんであの子と・・」

と。思って忘れたころに、お付き合いすることにんったのです。
でも垣間見た「渡り廊下」の光景は結局ありませんでした。

次に、二十歳の時。
会社の慰安旅行で熱海へ行ったとき
バスの窓から海を見ていたら、ある男性と海岸を歩いてるのが見えました。

その日の夜、宴会のあとその「ある男性」と海へ散歩に行きました。
見えた光景のままでは、なかったです。

なんでこんな人が出てくるんだろう・・何も思ってないのに。

っていうぐらいに、全く気にもなっていない相手なのに
見えてしまうので、これって「運命の人が見えるってこと???」って

ちょっとドキドキしたことがありましたが、その後はないのでわかりません。


ただ、今でもとんでもない光景が頭の中に浮かぶことがあります。
浮かぶというより、一瞬見えるといった方がいいのかもしれません。

たとえば、長男が生まれて間もない時
長男を抱いて砂利道を歩いてると

「落としたら大変!」と思った瞬間に
落としてしまったところが見えるんです。

もちろん落としませんが。


それから、ちょくちょく見えるようになりました。

「車がぶつかるかもしれない。」と思ったら、
 車がぶつかってくる瞬間の光景が。

 階段のところで、「ここから落ちたら・・」と思った瞬間に
 転げ落ちた光景が。

 

その見えた光景と、今の足が地についているこの世界は
その一瞬でほんとは分かれ目になっていて

もし、気が落ちたら
その恐い光景の通りになってしまうところだったんじゃないか、と
最近思うようになりました。

以前は、「なんでこんなこと浮かぶんかなー縁起でもないわ!」

って、気味悪く思ってましたが
これは常に自分がそうやって二つの結果を選びながら生きてるってことかな。
って思うようになりました。

もし、選択の瞬間に波動が落ちてしまってたら
最悪の事態が結果となってしまってたんじゃないかと。

人はみんなこうして、一瞬、一瞬でいろんな選択をしながら
今を生きてるんだろうな、と。

抱いている赤ちゃんを落とすなんて、常識では考えられない。
でももし一瞬の魔で、落としてしまう時があるかもしれない。

そう簡単に車がぶつかってくるわけがないと思っていても
100%ぶつかってこないとは言い切れない。


自分の意思で動くこととは別に
気持ちのあり方で、結果はどんどん変わっていくんだろうなと
思うようになりました。

一瞬見えることで、
私は性根が変わり、さらに慎重になるので
恐い光景の結果にならずにすんでるわけです。

小さな選択を間違わないように
何事も気を入れて行動することにしよ。


うん! 1人で納得。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。