スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えそうで見えない。

この前、寝ている時に
真っ暗な部屋なのに、灯りがついてる気がして
目を開けました。

でも真っ暗。


もう一度目を閉じると、やっぱり灯りがついているように感じる。


暖かささえ感じるんです。
ポカポカした感じ。


あーまた光が当たるようになったんだーって

ちょっと嬉しくなって
何度も目を開けたり、閉じたりしていました。


そういえば、最近は老眼が進み、なぜか近眼も強くなり
そこに乱視も入ってるので、すごく目が見えにくい。

老眼鏡(ちょっとおしゃれな)を買ってみても
あまりスッキリしない。


視力検査では左右の差が激しい。

試しに片方ずつ、手で目をふさいで見てみた。


ちゃんと見えるところが左右で全然違う。


だからかー

老眼鏡をはめても、スッキリしないのは。


友達に借りて近視用のメガネをつけてみると
遠くがはっきり見える。



と、同時にびっくり。

今まで見えてるつもりだったのに
全然見えてなかった。


看板の字も見えてると思っていたのは
何が書いてあるかわかっていたから、
「読めてる」と思っていたけど

メガネでちゃんと見てみると
いかに見えてなかったかがわかった。

ちょっと衝撃的。


この目で見えてると思っているものは
自分の頭の中で決めつけたものであって

本当のことなんて見えてないんだな、と思った。


「わかってる」って自分で思ってることも
本当のことはわかってないのだろう。

自分で「わかってる」気になってるだけで
わかってないことばっかりなんだろな。


目を閉じたときに見えるものこそが
本物なのかも。

目を閉じて光が当たってるポカポカの世界は
本物の世界かなー


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。