スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいてほしい。

3か月前に30年ぶりに同窓会をしたのですが
その準備をしているとき

いろいろな事情があって、出席したくても
出席できない人がいます。

子供にまだ手がかかるとか
仕事があるから、とか・・

ある友達が、ご主人の両親が病気で
看護をしないといけないので
行けなくなった、と連絡がありました。

すると、一緒に幹事をしていた友達のSが言いました。

「親が病気だからって、
 ちょっと顔出すぐらいでけへんのかなー」


と、怒っていました。

私は来たくても来れない友達は気の毒だし
ちょっとだけ、ができない状況なんだろうと思ったので
そのSの意見にちょっとびっくりしていました。


ああ、いろいろと受け取り方が違うもんだわ。

この同窓会の準備中には、
何度もそう思う時がありました。

あれから、3ヶ月。
この前の土曜日に我が家で忘年会をしようということになり
そのSも楽しみにしていました。


ところが、直前にSのお母さんの容態が悪くなり
来れなくなりました。

「土曜日、やっぱり行けない」

そう一言だけメールがあり
あとは、どんな容態なのか
病院で付き添っているのか、一切連絡ありません。


私は3か月前に、Sが言ったことを思い出しました。

「親が入院してたってさー
 ちょっと顔出すぐらいできるやん。」


できないでしょー・・って身をもって教えられてるんですね。
自分が言った言葉がそのまま。

今頃、あの時同窓会に来ることができなかった友達の
気持ちがわかったかなー


そういうとこらへん、気づいてほしいなー





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。