スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早い答え。

30年以上も付き合ってきた友達。
いろいろな事情が重なり、連絡が取りにくくなりました。


「ああーきっと住む世界が違ってしまったんだ。」と思った。

私が言うことが、いちいちカンにさわってるんだな、と
最近は思ってました。

「合わないんだ」ということに気付きながらも
今まで一緒にきたけど、新しい世界では
次元が違うと住む世界も違うっていってた。

そういうことですよね?
じゃーこれからどうなるんですかね?


って問いかけて眠ったら・・見た夢は


確かに一緒にいてたはずなのに
そういう人が存在してたはずなのに

まるで居なかったようになってる。

ある人が居ないのに、みんな何も思わずに
何も疑問にも思わずに
そのまま過ぎてる・・


っていう夢でした。

なんていうか、建物でいうと
1階と2階のような世界で

1階と2階ではまったく別の人たちが
お互いのことを気にせずに生きている、というような・・


そういうことなのか・・

彼女は1階なのか2階なのか
わからないけど、私とは違う世界を選んだんだなー

それでもどっちも、そこの世界で楽しく生きれるなら
それでいいと思うよ。


そんなことを考えた日に、


この数カ月、ア○ーバピグにはまってた私ですが
友達のことを考えたのと同じタイミングで
突然、「やめよ。」と思いました。

何に対して、誰に対して
ムキになってるんだか・・

何やってんだ、わたし?


と、急に目が覚めたような感じです。

仕事もおろそかになってしまうし
家でも休みの日にやりだすと時間があっという間に過ぎる。

こんなんじゃダメだ、私!
ちゃんと仕事しよー!っと。

そう思って月曜日に出勤すると

「naoさん、1年間どうも御苦労さま。」

そう言って、社長から寸志を頂いた。



もらえると思ってないのに
もらえるとホント、嬉しいしありがたい。


立ちあがって深々と頭を下げました。


ちょっと意識を正常に戻しただけで
こんなすぐに答えをもらえるなんて、すごい!

1日中、そのことでワクワク♪

なんていう世界になってきたんだろう。


きっと、心のありようで
住む世界が決まってしまうということなんだろうな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。