スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改名の効果。

先日のパンドラのお話会でひなた堂さんから
下の名前の字を変えた方がよいと言われて

今の名前のままだと「悲しい」が出てると言われたものの
まったく思い当たることがなかった。

もしこれから悲しいことが起こるのなら
それは避けたいと思い
早速ネット会員の名前の字を変えた。

今はいろいろと個人情報が厳しいので
通帳なども戸籍と違う名前にはできないので
そういうのとは関係ないものから
変えていこうと思った。

名前を登録すると確認メールが来た。
私の今まで46年間慣れ親しんできた字ではない名前。

でも見た目は案外いい感じ♪

その日の夕方にまた「悲しいこと」を考えながら帰った。
なんだろうなー・・

順番に考えていくと、1つだけあった。
これかも・・?

それは前妻の名前。

携帯電話の支払いをまとめるために
家族グループの契約に行った。

窓口で言われたことは

まだ元嫁が家族割引グループに登録されている、ということ。

離婚の際に、旧姓に戻した元嫁は
名義変更の手続きをしたとき、家族割引の解約はしなかったらしい。

もちろん支払は別になってるけど。

名字も住所も違うのにその人は家族で
私は名字も住所も一緒なのに家族に入れないのか?

と聞くと、その窓口の係りの者は

「普通、家族は一生家族ですから。」

あ、そ。
もういいや。と帰った。

そして、クレジットーカードの家族カードを作るようにと
夫に言われたので、申し込んだ。
すると以前に申し込んだ前妻の名前がまだ残っているので、まずは削除しないといけない。

とかナントカ・・

そのクレジットカードの会社では今でも嫁は元嫁ということ。

年老いて半分ボケがきてる舅が
私を前嫁の名前で呼んでも

「あらーお父さん、それは前の嫁ですよん♪」って
 流せるのに

公のシーンで「あなたは本当に嫁ですか?」みたいな感じでこられると
それはたしかに、悲しい。

腹が立つというよりも、悲しいかも。

ああ、悲しいってこのことかもなー
誰のせいでもないから、誰を責めることもできないけど
なんとなく納得しがたいような・・

だから悲しいことってこれかなー・・って

そんなことを考えながら家に帰ると
クレジットカードが届いていた。

あ。

悲しいことが1つ消えた。


名前を変えた効果だ。
早い!

すごい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。