スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえ、妹でも~完

こんなに長くなるとは思ってなかったこの話。
このままだと何が書きたかったのかわからなくなってしまいそうなので
ここらで一気にまとめてしまいたいと思います。

ドラマチックな結末を期待していた方には申し訳ないですが
大した結末ではありません・・スイマセン・・


******************************************************

毎夜、「ゴルフの練習」だと言っては出かけて
帰らないこともあったらしく

とうとう旦那さんから、実家の母親が呼びだし。

家に行くと、部屋中にブランド物バッグなどが
並べられており、それもほとんどが新品。

これまでに「使ったお金リスト」も見せられたそうです。

これは、ケチ臭い根性とか嫌味でリストを作っているのではなく
お金の出入りを把握するために、自分の覚書として
使ったお金をメモしてただけらしいです。

この頃になると妹は開き直り、「文句があるなら出て行く!」
といった感じ。

で、とうとう別居しました。
マンションを借りてもらい、家財道具も揃えてもらい
そこから食事の世話などには通う、という約束でしたが
それもすぐになくなり、時々郵便物を取りに行く程度。

とうとうクレジットカードは取り上げられてしまいます。
(当たり前だけど)

私と妹はこのあたりから、ほとんど会うこともなくなり
電話もはなく、用事があればメールで連絡する程度。

あれほど、愚痴を言いにきていたけど
寄りつかなくなりました。

そこから妹は(おそらく)
多少は感じてるであろう罪悪感や責任感、
それと自分がまわりに重ねてきた嘘の中で
どんどんと精神的にまいっていってるようでした。

妹は小さい頃、「憑かれやすい」と霊能者に言われたことがあるので
私はきっと「憑かれてる」んだな、と思いました。

姉が、妹の会社を手伝い始めた頃
姉自身も嫉妬や妬みや僻みなどの低いレベルの感情でいっぱいでした。

私から見てると、姉も妹もそれぞれの旦那たちも近い感じで
いつもいつも愚痴や後ろ向きの話しばかり。

遊びに行くだけで疲れてしまう・・

どよ~ん・・とした空気感がありました。


妹が会社や周りで自分を守るための嘘をつきながら
私や姉、その旦那の悪口をあちこちで言いまわるようになったころから

逆に姉は、変わってきました。
「あの中にいてると、イヤな気が寄ってきそう」といつも言い
いろいろな「自分を守るグッズ」を身につけていました。

そして、いっぱい抱えてたこだわりや
嫉妬、妬み、僻みなどの感情と腐れ縁をすべて切ってしまいます。

このあたりから、妹と姉の間でも
波動の差が出てきていたんだろうと思います。

妹はますます私たち姉妹から孤立し
自分の立場に同情してくれる人、同じ境遇の人たちばかりと
つきあっているようでした。

あるちょっとしたことで、妹のほころびが出てきたとき
それまでは、姉妹だからと会社でも庇ってきていた姉が
「このままでは、マズイ」ということで

妹の旦那にも、会社を支援してくれてた社長にも
そして、実家の親にもすべてを話しました。

それでようやく色々なところで言ってきた嘘がばれ
化けの皮がはがれました。

それぞれが妹から聞かされていた話も
ここでつじつまが合い、妹は身ぐるみはがされた感じになりました。

はじめは同じ波動の中に2人が
もう全く違うレベルになってしまったんだと
横で見ていて感じます。

私の願望実現ボードには、いつ書いたのかは覚えてないけど

「お姉ちゃんが笑うようになる。」と

「K美(妹)が、気づくこと」と書かれていました。


姉は、とても明るくなり、よく笑うようになりました。
先日も「最近、さびしいとかっていう感情がなくなったー」と言ってました。



パンドラに出会い、絵を注文したり
いろいろな鑑定を受けていても

心が空っぽの妹は、結局は何も残っていないのです。

姉が言います。

「K美は、なんていうか・・自分がないって感じがする」


そう、そんな感じします。

顔は笑ってても、心が入ってないし
優しい言葉言ってても、心が入ってない。

でも姉のように、自分で気づいて
自分で変わっていくしかないのです。

私や姉が、どんなに妹を思って話をしても
たぶん笑って聞きながら、心に届いていないと思います。


私には、ちょっと身近すぎたけど
人の心のあり方が、上と下に分かれて行ったところを見たような
そんな経験でした。

今でも妹からは連絡もないし、私もしていませんが
もし自分で気づき、変わろうという意思を持ったなら
その時は、手助けしてやりたいと思ってます。


今は別世界にいる感じなので、無理ですが。


そんな姉と妹の意識レベルを判定してみました。
(コレを書くために、なんて長いふりだ!)


  ・2005年 (妹の会社を姉が手伝い始めた頃)

     姉 ・・ 150    妹 ・・ 150


  ・2012年

     姉 ・・ 570    妹 ・・ 150


やっぱり妹は、まだまだ苦しい世界で楽しんでるようです。



**************************************************************

最後の部分だけを書くために、こんなに長くなってしまったのは
私自身が妹の数年を思い出しながら買いていたからです。

同じ頃にパンドラに出会いながら、なんでこんな風になってしまったんだろう・・と

どこで彼女が変わってしまったんだろう、と考えながら書いてたからです。

いつからか、パンドラの話しどころか
私とも距離を置いてしまった妹は、自分の楽な世界へどんどんと入っていきました。

悲しいけど、彼女が選んだ世界なら
そこで楽しいなら、それも仕方ないのでしょうね。


この話、おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すっげ===!

話だ。


私の妹(10歳違い)も変なので
10年以上付き合いは無いなあ。
気付けばいいのに、と思っているんだけど
自然に気付く人は居ないしね。

波動を上げるのは苦痛なので、波動上げたくない人、
上げない方が(上げる作業をしないほうが)幸せな人のほうが
多いので仕方ないかね。

ありがとうございました。
感謝です。

しみじみ

勉強させて戴きました。

有難うございました!!

よくいるタイプ

ありがちな女性をデフォルメしただけな気がします。
そして、こういうタイプが存在する以上、対をなす「宿主」も居る。
寄生虫と、宿主。

ifさん
仕方ないと思うしかないですよね。
届かないときは、届かないですね。


ブルーベリーうどんさん
最後まで読んでいただきありがとうございました。

瑠璃さん
勉強になったかどうか・・私もよい経験をしたのかな。

きつねうどんさん
どこにでもいる、のかもしれませんね。
たまたま身内だったから、考えることが多かったのかな。

私にも、「気づくといいな・・・」と思っている妹がいます。
殻の中で苦しんでいるけど、殻を作っているのは自分だということに。

「たとえ妹でも・・・」なるほど。いろいろ考えさせられました。
ありがとうございます。

nicoさんへ

庇ってばかりでもダメですもんね。
妹はすべてを他の誰かのせい、育ってきた環境のせいばかり。
自分が招いてるってこと、わかってないんですよね。

「放置」の大事な愛情かな。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。