スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼嫁。

舅が先週またまた入院しました。
去年から出たり入ったり・・

今回は風邪による気管支炎。
「もう少し遅いと重症になってましたよ。」らしい。

このク■じじい!

最初の入院の時に「帰りたい!」「メシがまずい!」「看護士がきつい」
などと文句いいまくり、挙句の果てに全館禁煙の病院の病室のベッドでタバコを吸い
ほとんど追い出された感じで退院した。

その時は「家に帰れるなら、辛抱して節制もしますw」とか言ってたくせに
退院したら全快したと勘違いしてるのか、以前の通りの生活に戻り
1週間もしたらまた体調が悪くなった。

舅は腎不全なので、食事療法が必要。
低たんぱく、塩分制限で
ごはん、肉、魚、豆、乳製品・・など食べれないものばかりで
味付けは薄くしないといけない。

そんなこと聞きやしない。

二度目の入院は前の病院に戻るのがバツが悪いらしく
別の病院。

入院後は「もう観念したわ・・大人しくなおすわ・・」と
涙目で話していた。

1回目の入院のときに、しっかり治療しておけば
お正月は家におれるよ、と言ってたのに
結局はお正月も病院で迎えることとなり、私たち家族は年末年始に
病院へ通うようなことになってしまった。

そして、正月明けにようやく退院した。
「山越えた感じするから、今度は長生きできるようにがんばる」
と言うので、義姉や夫が
好きな物を好きなだけ食べていたんではまた同じことの繰り返し
どころか悪化して透析をするようになるから、と話した。

私たちも全面的に協力しようということで
飲みにくいという薬をカプセルを買ってきては詰め直して
ということをやったりもした。

が、3日ほどすると
フラフラと近所のショッピングモールへ出かけていき
自分で大好きな焼き肉などを買ってきた。

それを見た夫が激怒!

するとク■じじいは、
「好きなもん食べて何が悪いんじゃい!わしは好きなもん食べて死ぬんじゃ!」
豪語し、夫に出入り禁止までいっていた。


結局はウロウロと外を出歩いて、風邪をもらい
気管支炎になってしまい、入院。

その時は「わしはもう長くないのぅ~・・もうあかんわ・・」と
弱弱しく泣きごとを言っていた。

そんな姿がかわいそうで、私と夫は仕事帰りに病院へいくという
日課を続けていた。

ところが、気管支炎も治り体が楽になった途端
またいつものク■じじいにもどった。

前日まではベッドに横になったまま
「すまんのぉ~・・」と言ってたのに

「ワシはもう大丈夫やから退院する!」とぬかす。


そして、突然私に

「家の階段には滑り止めがついてるのか?
 つけないと孫娘が落ちたら危ないからつけてくれ。
 あれは法律で決まってるんやから、つけな法律違反やぞ!」

とか唾を飛ばして声を荒げていた。

なんやねん。急に。階段使うのは娘だけ違うぞ。
クソ・・むかつく!!!


この人にはこういうところがある。
人を見下したりするわりに、自分がそうされると途端にすごんでみたり
どうでもいいこととかを正論ぶって声を張り上げて
いかにも、という感じで力説したり。

うざい。

昨日の夕方、病院から連絡があり
病状説明と退院についての話があると言われて
私はまた仕事を早退して病院へいってきた。

すると「今日でも退院したい。」とぬかしやがる。

「今から帰れません。バイクで来てますから。」

「ほんだら明日。明日、帰る!」

「明日はみんな仕事で迎えには来れません。」 (今週すでに姑の付き添いとこの日で2回早退してる。もう休んでられっか。)

「いや、ワシ1人でも帰れる、タクシーとばしてかえる。○子(姑)に来てもらう」

「おかあさんは無理です。」(義母が使えたらこんな苦労せんのじゃ!)



たぶん、私の顔は般若のようになっていたようで
そばにいた担当医がびびって

「まぁまぁ・・そこらへんは、ご家族でお話合いされて・・」


キィ====!!


私は夫に電話で事情を話して
私では無理なので夫に来てもらい、ク■じじいには
よ~く言ってきかしてもらうことにした。

そしてその夜、夫には鬼嫁宣言をしておいた。


「わたしはもう、ニコニコ優しい嫁ちゃんやめる!
 ええ加減にせぇ~!って感じや。あのク■じじい!!」

という私に

「おうw そうしたれ。甘やかさんでもええからバンバン言うたれ♪」



よかったですわ。

夫が「俺の父上になんてことを言うのだキサマ!」って言う人じゃなくてw



こんな父親のわりには、夫はとてもマトモに育ったと思える。
案外、夫はすごいのかもしれない。

と低いレベルのところで比べてしまった。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。