スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受け取る。

朝、出勤途中のこと。
携帯電話が鳴った。

旦那からだった。

「お袋が救急車呼べっていうてるらしい。」

とりあえず義実家へ行ってみると
お義父さんが大きな声でわめきたてていた。

「●子(姑)が、しんどいから救急車呼んでくれいうねんけど
 目が見えんし、どうしたらわからんのじゃー」


(いつも息子や娘には電話してるのにね。
 なんで今だけ目が見えないのかね。)

「おかあさん。どうしんどいの?」

話を聞いてみると、

昨日の夜に娘(義姉)から薬を飲まされた。
それは何の薬かわからん。それを飲んでから具合が悪い。
動悸もするし、足も手も動かん。しびれてる。歩けない。

らしい。

しかし、言葉ははっきりしている。

「歩けるなら一緒に病院へいこうか?」というと

「いあ、歩かれへんから救急車呼んでー」


無視して寝かして帰ろうかとも思ったが
もし本当にどこか具合が悪かったら大変だし

この調子じゃ、帰ったあとでお義父さんに
食ってかかる可能性もあるし。

もしまた二人でフラフラと病院へ行ったら
連絡も取れず、大変になるし。


とにかく、本人が歩けないし、苦しい、しんどいというので
救急車を呼びました。

その間に私は義姉に連絡して
昨日何か薬を飲ませましたか?と確認。

「いつも飲んでる薬だけしか飲んでない」・・・やっぱりか。

救急隊の人にも
「昨日から具合悪くて、薬飲ませれて・・」と話してる義母。


その救急隊員さんを横へ呼び
「認知症なんです。確認したら薬は飲んでません。」

「あ!わかりました!」

そのあと救急車の中では、自分で名前や生年月日を言い
手足の機能検査も特に問題なく、血圧も正常でした。

それでもついこの間心臓の検査もしてるので、ということで
「もしかして!?」と思いましたが、結果は・・・

軽い脱水症状。
「これぐらいで救急車呼ばないでね。」と病院で言われました。

点滴をしてもらい、帰りはスタスタと歩いてました。

狼少年よりも怖いです。


しかし、この救急外来での待ち時間に
ちょうどがばんに入っていた「パワーかフォースか」を
また最初から読んでいました。

いつもは入れていません。

出がけに、ふと本が目に入り
会社で読む時間なんてないのに、なぜかカバンに入れたのです。
「読みたいな」と。


そして、ほんの初めの部分だけでしたが
なんかまるで初めて読んだように衝撃が。

前にも読んでるし、最近もちょこちょこ開いてるのに
今日はなぜか・・初めの方で「なるほど!」みたいな感覚がありました。


本を持って出たことも、病院へくることになったことも
待ち時間が出来てしまったことも繋がっているんですね。

「読みたい」→「時間がない」→「病院へ行った」→「時間できた」→「読めた」

読みたいという願望が叶ったということかな。

たぶん、今日はあそこまで読めたら「よし!」だったのかもしれない。


「至福のエネルギーである無限の愛」について書かれていたところを読んでいて

ちょうど今朝感じたことを思いだしました。


私と義娘が表目的にはうまくいってるようで
お互いにどこか心の奥でわだかまりがあると感じていました。

「我が子と同じような」ということのむずかしさを感じていました。

でもいじわるや、いやがらせとかではなくて
義娘にとって、よくないでしょ!みたいなことを
心に思うだけでなくて、言ってみた。

言った瞬間に、相手(義娘)がちょっとこちらに向くのがわかった。


(あ、私が心からなんでも言える状態になってないと、この子もなんでも言えないんだ)

(私が閉ざしてたんだ)

ということが、心(頭かな)の中に入ってきました。

言ったあと、私の中にもわだかまりやこだわりは残らないし
次の話もできるし、それに義娘がどんどん反応してくる。

そして「娘をもたせてくれた元嫁に感謝」という発想の転換もあった。
元嫁に感謝するなんて考えてもなかったが
(確かにそうだ。感謝しようっと!)
そんなことも思うようになりました。


それまで「自分の下着ぐらい、自分で洗えや!」と思いながら
干していた洗濯ものを、なんの思いもなく干していることに気付いた。

息子のや旦那の洗濯ものと同じ感覚で。


私の中で「愛の分量」が増えたなと感じた。
(そう感じただけで、何が変わったわけではないけど)



なにかわからないけど、ひとつクリアできたような
そんな感覚があり、優しい気持ちになれた。



旦那は「いつも親のことで迷惑かけてすまん!」と言ってたけど
私は本を読む時間をくれた義母にも感謝するよ。


そんな私を許してくれる会社にも、感謝。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぎゃは~
いつもnaoさんの体験談とその受け取り方を読むと感心しちゃいます。
なんかロールプレイングゲームを見ているみたいだわ。
「naoは経験を積んだ!!愛が1UPした!!」みたいな。

参考になります。先輩!(年齢として先輩かどうかは存じませんが、母としての経験上は先輩なので^^;)

nicoさん

上の方で私の本体がロールプレイングゲームしながら
あまりにも遅い展開にイライラしてるのかもw
なんか結構強引に裏技使われた感じもします^0^
最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。