スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色のパワー

私が一緒に旅行にいったメンバーの中に
「苦手な人」がいると書いてました。

嫌いとかではなく、「なんとなく苦手」という感じなんですが
たまーにそういう人に遭遇します。

そんなに話したこともないのに、なんとなく避けてしまいたくなるような人。
そうかと思えば、やたらと気になって仲良くしたい人もいます。

これは男女問わず、です。


これはその人と私の波動が合わないのだろうと思いますが
それは私がよいとか、あちらがよいとかではなく
なじめないんだと思います。

その人を観察していて思ったのは
身につけている服装などが、どれもこれもくすんだというか
濁ったというか、そんな色なんですね。

きれいな色を身につけていないのです。


よく美輪さまが「黒い服は着るな。」と言って髪を金髪にしてました。
「下着は赤がいい」と言います。
「金運には黄色」と風水ではいいますね。


その人はいつもくすんだグレーや、(さわやかなグレーもあると思うんですけど)
茶色でも、なんか汚れたような茶色、とか。

よく挿し色をいれるといいといいますが、この人は全身なかったです。

もしかして、この色合いのせいかな~と思ったのです。


私は以前、アパレル関係の人と交際しているときに
「服や靴を買うときは、綺麗な色を選べ」と言われました。

どぎつい色とか、派手な色という意味ではなく「綺麗な色」。

「綺麗」は人それぞれがもつ感覚だとは思いますが
私はその人のその言葉がいまだに残っていて(あまりいい思い出はないのに)
いつもそのことを考えながら、選ぶようにしています。


黒い服を着るときは、必ず綺麗な色をたすようにしています。


若い時には、肌の色が「綺麗」なのでくすんだ色でも大丈夫ですが
年を重ねてお肌がくすんでくるとなおのこと、綺麗な色を着た方がよいと思います。


自然に自分で、必要な色を選ぶときはありますが
ちょっとしんどいかな、というときには意識して選ぶといいと思います。

たまには赤いシャツとかも、案外似あったりするもんですw




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。