スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えたいこと。

幼なじみであり、親友であるSちゃんのお母さんには
少し(どれぐらいかはわからないけど)霊感があり、
いろいろと見えたりするそうです。

そういう能力に気付いたころは、自分でも驚き
拒否もしたそうです。

何年も会ってなかったのに、ひょんなことから会うことになりました。
久しぶりに会ったお母さんに手相を見てもらいました。
手相と生年月日で鑑定するそうですけど
それ以外の情報が、どんどん伝わるようで
手相になんか出ないことを言い当てられてしまいます。

一昨年、37歳で亡くなった従弟がいます。
自ら命を絶ったのですが、とても思い悩んだ末の苦しい結末でした。

私は遺品の腕時計を持っています。
Sちゃん母は、その腕時計を出してあげなさい、といいました。

確かに、封筒に入れて棚の奥にしまいこんでいたのです。
まっさらの白いタオルの上に出してあげるだけ。
手を合わせたり、お水をあげたりはしてはいけない。
今の私は運が下がり力がないので、そういうことをすると
悪い方へと引っ張られてしまうそうです。
だから、ただ出してあげるだけでいい。

息ができない・・って言ってると。

従弟には立派なお墓があります。
でも息ができない・・って。

従弟の両親は自分たちの悲しみをいやすために
部屋中に彼の写真を貼り、話しかけ、祈り、頼ります。
神様の前でも仏さまの前でも。

天理教信者で、神道の勉強をしていた彼のために
棺に入れられたのは、天理教での正装でした。
そしてその上には、
祖母が信心していた弘法大師のお寺の朱印が押された白装束。
通夜・告別式は浄土真宗。

もうバラバラです。

従弟はどうしていいかわからない。
親の呪縛から逃れようと自ら死を選んだのに
死んでからも、なお父親が彼を縛るのです。

私は亡くなった時、彼は私になら何か言いたいことを
言ってくれるような気がして
(夢の中でもなんでもいいよ。どうしたい?どうしてほしい?教えて。)
そう思ってました。

彼は苦しかった。
でもそれを伝えるすべが彼にはない。

そこでSちゃん母に会わせたのでしょうね。
しかも、そうしたのはきっと私の祖母です。
私の後ろには母方の祖母がいつもいると言われます。
そして亡くなった従弟にとっても祖母です。

祖母は孫である従弟の苦しみを少しでも楽にしてあげようと
私にそれを伝えようと、Sちゃん母に会えるようにして
Sちゃん母の言葉を借りて、伝えたのでしょう。

「白いまっさらのタオル・・ないなぁ。」

と言ってるとSちゃんが、出してきました。
しかもたくさんの新しいタオルの中で、たった1枚だけあったのです。

Sちゃん母が帰りのタクシーを待っている時、

「こうしている間もおばあさんはずっと後ろにいてるよ。
 私に手を会わせてはったよ。」

おばあちゃん、お礼は私の口からSちゃん母に伝えるね。
従弟の思い、祖母の思い、伝えてくれてありがとう。

おばあちゃん、Sちゃん母に会わせてくれてありがとう。

Kちゃん、時計出してあげたからね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。