スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと母親になれたかな

義娘と暮らすようになり、男しか育てたことがない私にとって
学ぶことが多いです。

ささいなことで拗ねてふくれっ面になり
口をきかなくなったりしているのを見ると
自分自身も実家にいた30年前は親にこんな態度だったな・・と
反省もします。

義娘は21歳なので、もう女の子というより女性です。
外見はどちらかといえば、父親系ですが
中身の素養は、完全に母親から受けているものです。

とくに離婚後、二人になってから
祖父母のことや父親のことを、こんこんと聞かされていたようで
母親が義父母に感じていたことが
そのまま娘に流れているようで

小さい頃にたった一人の孫でかわいがられていたのに
嫌悪感をまるだしにします。

夫の姉は独身で、夫も1人娘なので孫は1人です。
母親方で親戚つきあいは、ほとんどないらしくて
比べる対象がないからかもしれませんが、

「私は●●家(夫方)の孫だから、かわいがってくれた。」
「それは当り前のこと」

と思っていたようで、

「もしお姉さんんが結婚してて子供がおったら
 そっちの方がかわいかったやろね。」

というと、「え?●●家の子じゃないのに?」

「そういうもんよ。」といっても、ピンとこないようです。


夫から聞いた話では、仕事をしていた元嫁は
子供が熱を出しても休まずに仕事にいくので
夫が実家に電話をして、お母さんに休んでもらい子守りをしてもらっていた。
保育園に入るまでは、ほとんど毎日見てもらっていた、そうです。

「小さい頃にそうやってお世話になったこと、感謝せなあかんやん。」というと

「そんなこと覚えてないからわからんし。」という。


「経済的にはお父さんかもしれんけど、それ以外は全部お母さんやから
 お母さんにしか感謝してない。」というので

「でも保育園の送り迎えだってお父さんもしてたし
 お母さんが夜勤のときはお父さんが世話してくれたやろ?」

「それも覚えてないから知らん。」


要するに、祖父母や父には感謝の気持ちはなく
「してもらって当たり前。当然の権利」だと思っているようです。

そう母親に教えられてきたようです。

だから父親が再婚した今は、父親の嫁である私に
自分の身の回りの世話をしてもらって当たり前・・

私は今まで子供たちのご飯を作ることも
洗濯をすることも
家の中の掃除をすることも

「してやってる」と思ったことはないけど
この義娘の思いが伝わってくるのか、娘のことをしながら腑に落ちないわけです。

どこか、自分の子供たちや夫のことをするのとは
違う別の感情があることに気づくのです。

そして、それに対して
「自分はなんて小さい人間なんだ。なんで同じように思えないんだ」と
自分を責めたりするわけです。

でもこれがいわゆる「親が子供を思う無償の愛」なんだとわかったのです。
神様のようにすべてのものに平等に無償の愛を・・という境地までは
まだまだほど遠い。

母親ってすごいな、と思うのです。




夫と別居し、1人で生きていくために3歳4歳の二人の子供を
保育園に預けながら働いてる友達がいます。

40歳すぎて、きついだろうな、と思います。

この前、汗だくで二人を自転車に乗せて帰っている姿を見たときに
20年前の自分を思い出しました。

長男と次男を自転車の前後に乗せて、保育園に預けに行き
仕事に行き・・

そんな姿を見た私の母が「かわいそうで仕方ない」と嘆きました。
近所の人は哀れんで同情しました。

でも当の本人である私は、必死だったしそれなりに楽しかったし
「大変だ!」と思ってはなかったのです。

でもその友達を見たときに、こんな私を見た母はそりゃぁ、不憫だったろうなと
今は母親目線で考えることができるようになりました。

今、親として息子たちを思うとき、義娘のことを考えるとき
いつも自分の親も同じようにしてくれていたことを思い出し
「私なんてかわいがられてないから」とか「どうでもいい子供だと思われていた」とか
そんな僻み根性を持っていたことを申し訳なくなります。

そんな思いでできることではない。
見返りも感謝も求めないそんな愛情をいっぱい受けてきたんだなぁ・・と
今、この年になりようやくわかりました。

ただ子供を産めば、親になれるわけでもなく
親の気持ちがわかるわけでもない。

息子たちだけでなく、義娘のおかげでわかることができたのです。


子供を育てながら、自分も育ってきたんだなと思います。
まだまだですが・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほんと

息子って何も言わないので
naoさんのところに、娘が来てくれたんだね。
娘は言うからねえ!
毎日何かしら言います。
(親の批判が90%w)
(息子が何も言わないのは良い子だからではなくて、何も気付かないから)

赤の他人がそれを言ったら不味いことになるが
義理であれ、娘だから言ってくれる。
まあ、遠慮してしまうおとなしい娘なら我慢して言わないだろうが、幸いなことにnaoさんところの娘は、正直ものなので言うようだね。
ありがたいことだね。

ifさん

そのために来てくれたんだと思えば
ありがたいなとも思えますね。
産んでないのに娘を持てたと思えばw

そうだよ。

あんな大変な思いをしないで
こんなに大きく成長した娘が居るなんて奇跡だ。
ありがたいね。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。