スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在過去未来

思わず歌ってしまうタイトルです(若い人にはわかりませんがw)

土曜日に撮りダメしたドラマを一気に見ています。
今、楽しみに見ているのは

韓国ドラマの「イニョン王妃の男」とキムタクの「安堂ろいど」

イニョン王妃の方は、300年前の朝鮮王朝時代からタイムスリップしてきた
イケメン官吏の恋愛もの。

キムタクの方は100年後からアンドロイドがやってくるもの。

両方を見てると、ものすごい時間幅を行き来してる感じです。



イニョン王妃の方を見てると、過去の出来事を変えると
現在の世界も変わってしまう。

「前世とかはなく時間軸の違う今である」ということがよくわかる。

300年前にいる自分と現在の世界にいる自分。
どちらの世界を選ぶのか・・最終的に自分がいきたいところを選ぶんですね。


安堂・・の方でスゴイと思ったのは

「思い」の素粒子を発見したという設定。

目に見えないのが思いだったり、気持だったりするけど
それには本当は素粒子があって、
東北大震災の時には日本中、世界中の「助かってほしい」という思いの
素粒子が塊となって可能も不可能に変えたんだ、という・・・


思いは時間軸を超えれるんだという理論らしい。


だから100年後の人とメールでやりとりできるんです(ドラマの中では)


そうやって、テレビからでもネットからでも

「パラレル世界が統合されてきてるよ!早く気付いたもん勝ち!」

みたいなメッセージが出ているのかも知れんなぁと思いました。


自分がどんな世界に行きたいか・・しっかりと決めておかないとだめですね。




数年前に「アセンション」というのをネットで知り


それがどういうもんなのか、とあっちこっち調べていたときに

「アセンション後の世界では、お金も要らない、仕事もしない、
 好きな時に好きなところへ行けるようになる」

っていうのを見て、「それなら借金苦もないだろうし、ぜひそこへ行きたいわw」

と思いました。その時に、それは今の自分が死んでしまうというようなことなんだろうと思い

「私は5年後(2012年)には死ぬんだ」とずっと思っていました。


で、自分の中に「死んだな」という感覚があったので
マサトさんの「みんな死んでる」という話がすんなりと入ってきました。

「あ、やっぱり!」というように。

だから、本当にあの時の私は死んでしまったんだろうなと思います。

今の世界がまだまだ完全なる望んだ世界ではないので
思いをクリアにしていかないといけないんだろうと思ってます。


いろんな過去の時間軸での自分があって、
今の自分とちょこちょこ交差してきてるとして、
最終的に未来の自分は1つなら、「なりたい自分」を決めるしかない。


なかなかそこへたどり着かないのは、
まだ私が少し迷い、少し不安に思ってるからだろうなと思います。


でも「やっぱこれか!」と思えることがあるので
きっとそこを目指していけば大丈夫。


「ついてこい!みんな! 」 


て、感じですw

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。