スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐだぐだ

お話会まであと3日だというに・・

準備不足で・・そろそろ遠方の人は出発したりしてるのに
私ときたら、なーんか!!!!!(*_*;

先週の土曜日に舅が亡くなり、週末から今週のはじめはバッタバタ。
昨日は姑が救急車で運ばれた==!!と連絡が。(大丈夫でしたが)

先週の金曜の夜に、「今夜が山です」と言われた舅。
前日までは変わらなかったのに、肺炎になってしまい
あっけなかったです。

その金曜の夜に、夫から
「もしものことがあっても、土曜日(お話会)は行ってこいよ。」
と言われていて、心の中では「もちろん!」と思いつつ
「そんな・・」と少し引いてた私です。(鬼


土曜の早朝に目が覚めて
「あー夜は超えたのね、おとうさん・・」と考えながら

火曜とか水曜とか木曜とか、そんなところで亡くなると
いくら鬼嫁でも告別式すっぽからかして、お話会に行けるかしら~と思い

「おとうさん!もつなら、来週まで。ダメなら早めに!」とか不謹慎なことを考えました。

お話会に行かせてくれるとしたら、そろそろ逝っちゃうんじゃないのかなぁ~と
思ってたら電話が鳴りました。

みんなで病院へ駆けつけると静かに息を引き取りました。

(おとうさん、私急かしましたかね~?)

でも病院へ駆けつけたとき、私は先にバイクで走ったので
実の息子の夫や、嫁である姑や義姉や娘よりも早く到着。
二人きりでした。

病室へいくと、看護士さんが
「さ、手を握ってあげて!」とガバッ!と布団をめくりました。

冷たい手で握っても、ピクリともしない舅の顔を見ながら
今までさんざん悪態ついてきたけど

「おとうさん、もうお迎えに来てもらいー
 お父さんとお母さんに迎えに来てもらいー」と心の中で思いました。

実の子供たちが到着する前に息を引き取ったらどうしよう!!と
私は心電図の機械を見ながら、ハラハラしていました。

ようやく間に合った義姉は

「おとん、がんばりーもう一回起きといでー」と言ってましたが
その時、夫も「もういいやろ。」と思ってたそうです。

そして、臨終のときは
「おれ、あの時すんごいう○こしたくて、でも今トイレ行ったら
 あかんよな~って焦ったわ」と言ってました。


その後の通夜や告別式では
舅の妹たちが登場し、「ザ・大阪おばたりあん」な人たちで
何かにつけて「それが常識や!」と言いながら
自分たちのいいように振りまわして行きました。

認知症の母は、夫が亡くなったという事実は理解しているようですが
弔問客に「昨日まで元気で仕事してたのに」と言ったり

告別式の翌日に「今日は葬式があるから」と言ったりしてるのを見ると
切ないですね。


そして、宗教というものについて
今回ほど疑問に思ったことはなかったです。

(こちらの宗派が独特だったのかもしれんですが)

亡くなった故人より、その遺族より
何よりも坊主を大事にして、崇めまくり
15分から30分のお経で布施、車代、御膳代とぼったくりもいいとこです。

そして、それに群がる信者たち。

「信者の嫁」なる人まで現れ、精進落としの御膳を食べていくドあつかましさ。

そのおばたりあん妹たちも、大きな声で墓のことやおカネのことをまくしたてて
香典も出さないくせに、食べて飲んで、お供え物とお花を持って帰りましたがな。


それらを夫と茫然と見ながら、

「あんたの葬式の時は、ぜったいここでやらんわ」と言いました。

夫も「緑地にでも埋めてくれ」と言ってました。

死体遺棄になるのはイヤなので、いちおう火葬はさせてもらうけどね。


焼き場での最期のお別れのときに号泣していた娘も
骨になった祖父を見たときはケロッとしていて

「2000度ぐらいですかー?」と係の人に質問したりして
初めてまじかに見る人骨に興味津々で持って帰りたかったと後で話してました。

「持って帰ればよかったのに」という私に「バチあたれへんか?」という夫。

「お父さんが死んだら、その時の骨もとって、コレクションにしよかなぁ~」という娘。


焼き場では持って帰れなかったので、骨壷の骨を狙っているようです。


舅の死では、いろんなことを考えさせられました。

改めて、感謝することも気付きました。
自分の親のことや、子供たちのこと、
それらを夫とたくさん話すこともできました。

亡くなったことは、さびしいけど
きっと本人は「やれやれ」という感じだろうし

好きなことをして、豪快に生きた人生に「悔いはない」と言ってたので
よかったな、と思います。


お話会に行きたい私と、ゴルフに行きたい夫に
急かされるように逝った父ですが、最期は口からあふれるほど
大好きなビールを入れてあげたので、許してくれてるかなw



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に

不謹慎にもところどころ笑っちゃいましたよ。
いろいろお疲れ様でした。
本当に、一歩引いた立場でみると、あの葬式一連の馬鹿馬鹿しさには呆れ返りますよね…私も義父の葬式のときは殴り殺したいと思った奴が30人くらい…w
獣の入れ物、そのものですよ。

お話会、楽しんでください♪(私行けないけどT‐T)

nicoさん

すべらない話のネタになるようなことが満載でした。

葬式っていらないですね。
私はみんなで大宴会して送ってくれればいいですw

お話会、残念ですね。
皆さんの報告をお楽しみに♪
最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。