スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直

妖怪退治の仕事してるけど、何か質問ある?

この記事が面白くて、この2-3日家でも会社でも読んでました。
難しい漢字も多くて、それをぐぐりながら・・

このスレ主の話はわかりやすくて、おもしろい。(変換ミスはご愛嬌)

どんどん引き込まれていきます。
なるほど、と思いながらメモしたりして読んでます。

その中で「セイチョクに生きる」という話。

セイチョクは「正直」と書く。
「しょうじき」と読むのは仏教的らしい。

それは「嘘をつかない」ということ。
仏教的には嘘はご法度。閻魔さまに舌を抜かれますからね。

では「セイチョク」とは

「自分の心に素直に従うこと」だそうです。


ある日、孔子がある国の王様と話をしていたら、その王様が

「うちの国のものはみんな正直だ!例えばAの家の父親がBの家のヤギをぬすんだ
 すると、Aの家の息子さんが、自分の父親が盗んだと証言したんだ」

 すると、孔子はこう答えた

「私が思う正直はそうではありません。もし親が盗みを働いたら、子供はそれを隠くし
 子供が盗みを働いたら、親はそれを隠ぺいする。これが本当の意味での正直だ」



私は以前から、テレビなどで息子と同年代の人の事件を見ていて
母親はどうしてるのだろう・・と考えます。

そして、もし我が子だったら・・と考えます。


たとえ誰かを殺めたとしても
やっぱり我が子を庇ってしまう。


警察に行き、罪を償うべきだ、死刑もやむを得ない。

とわかっていても、善や悪ではなく
どこまでも子供を守り庇うだろうな、と思ってました。

そして、それはとても罪深いことで
そんなこと考えるのってダメなんじゃないか。

親として「罪を償え!」と通報するのが当然じゃないのか。

そこでいつも止まっていました。


納得がいきました。

「正直しょうじき」と「正直セイチョク」


私もセイチョクに生きたいと思いました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

紹介されてた記事、面白くて一気に読んでしまいました。
私も気になる部分を手帳に書き写しました。
naoさん、ありがとう~

mimikoさん

スレタイからだと、妖怪のお話かと思ったら
違いますよねw

私も年齢的にすぐ忘れてしまうので、書き留めを実行してます^^;

ご紹介有難うございます

そのスレ、すごく面白く興味深かったです。
続きも読んでます。

あほいとりさん

面白いですよね~
完結してないのが気になりますがw

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。