スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行記~②

宗像大社は天照大神の御子神である三女神をおまつりしている神社です。

本殿は修復工事中で「仮本殿」での参拝でした。
第二宮、第三宮には長女神と次女神がまつられていて
社殿は昭和48年の伊勢神宮の式年遷宮のときに別宮から下賜されたものだそうです。

仮本殿から第二宮、第三宮の方へ歩いてきたとき
太鼓の音が響き渡りました。

(あ、歓迎されてるw)

案内役のrindenさんから、宗像大社に入る前に

「本殿よりも祭場あとの方が、中心だって感じがする」という話を聞いてたけど

イマイチ、内容がピンとこなかった。
でも行ってみると、なるほど~ってよくわかりました。


この第二宮、第三宮のところから「高宮祭場へ7分」と書かれた小道があるのですが
普通の参拝客はこれ以上行かない人が多いらしいです。(だから更に人が少なくなる)

私は、第二宮、第三宮でお参りしているときから
なぜか、そっちばっかりが気になって、ちょっとソワソワ。

rindenさんに「あっち何?」と聞くと

「さっき行ってた祭場あとの方に行く道よ。」と言われました。

ちょっと小高い丘を上がっていくので
「7分」とはいえ、いい運動になりました。

高宮祭場は、神様が降臨した場所ということでしたが
ここへ来てようやくrindenさんの行ってたことが納得。

手を合わせたときに、木漏れ日が顔というか額のあたりに
燦々とあたっている感じで、実際はそんなに陽は入ってきてなかったのに
光を当てられてる感じが気持ちよくて、長い間手を合わせていました。

「写真撮ってもいいかなぁ」というと、rindenさんがニコッと笑って
「いいよw」と言ったので、「ではすいません、写真撮らせていただきます」と
言いながら撮りました。

その場を離れたときにrindenさんが

「さっきnaoさんが『写真撮っていいかな』って言ったら
 頭の上で、葉っぱがざわ~ってなったでしょ。『いいですよ~』って。
 だから、いいよwって言ったのよ」と言われて

「おおお!!すごい!」てか、なんで気付かないんだ、ジブン!と思いました。


3人で丘を降りてると、また太鼓の音が!

歩くたびに、葉っぱがざわ~となって、

「よう来た、よう来た」って言われてる感じがする==というと

「ほんと、そんな歓迎してる感じがすごいあるね」とrindenさんも言ってました。




宗像大社を出たときに、1つだけ露店が出ていて「梅が枝餅」を売ってました。
私はこれって太宰府のところで有名なヤツよね~と思いながら素通り。
車に乗ると、rindenさんが「1つづつ食べて~」とアツアツの梅が枝餅を買ってきてくれました。

そこから竈門神社へ向かったのですが
竈門神社は太宰府天満宮のすぐそばで、「行く途中で参道が見れるからね」と
rindenさんはあまり行かなくてもよいところだと言ってました。

私は、梅が枝餅を食べることができたので、
(もう別にいいかなぁ。太宰府天満宮・・)と思ってました。
梅が枝餅は美味しかったですw

竈門神社へ行く途中で、「はい、ここ!」と言われて窓から見ると
太宰府駅の前から、ものすごい人・・・

「神社」の感じがない。

「ね、ただの観光地でしょw」とrindenさん。

確かに。もう遠目に見ただけで十分かな。


竈門神社は縁結びで有名らしいです。
玉依姫命をおまつりしていて、航海の安全を祈願するために
最澄や空海も大陸へ渡るときには参拝したとか・・

こんなところで、まさかの「マサトさん&M氏」

神社由来の看板を見ながら、「山だけど海の関係なのね~」と三人で話してると
rindenさんが「宗像も厳島と同じ系統らしいね~」って・・

あの・・もしかして、新幹線での会話聞いてました?
「さっきの続き」のように厳島神社が出てきてびっくりしましたw

ちょうど梅が終わって、もうすぐ桜が、という
間の時期だったので、お花はなかったけど
その分、人も少ないからよかった。

ここでも参拝しようとすると本殿で太鼓が鳴りました。
ご祈祷を受ける人が前に座って、祝詞が始まったのです。

ここでもまた、歓迎サイン。



竈門神社も社務所など修復してましたが
超近代的な建物になってて、なんだか異質。
ちょっと残念な感じでした。

「縁結び」ということだったので
就活をがんばっている娘に「いい会社との縁がありますように」と
お守りを買って帰りました。


いよいよ、ホテルにチェックインして、
あとは夜の街でのお楽しみです。

飲むぞ~!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした〜♪

nao さんテンション高すぎ、ワロタw
「祭場あと」は「斎場(さいじょう)」だよ〜ん。
それと、古代から現在でも神さま招く場所として使われているので、
「あと」も無しね^^

楽しかったですよね
お天気に恵まれたし、たくさん歓迎されて良かったよ♪

rindenさん

お世話になりましたw楽しかったです。

「祭場」ってなってるだよ。
一応HPで確認しますた。
でも「あと」はいらないですね。

どっか抜けてる・・

「祭場」でしたか!

なんと!!
そりは失礼つかまつりました。

う〜ん、たしかに「斎」より「祭」のほうが、
あの場所のイメージに合っていますね。
なるほど、なるほど^^

う・・・

梅が枝餅ぃ・・・


ifさん

梅ヶ枝餅、熱々で美味しかった〜
あれは現地で食べるものですね。
焼きたて熱々が美味い!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。