スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、で笑顔になれる。

うちの子です。決して自慢話ではないですが
気持ちよく「ありがとう!」を口にできる息子たち。

お弁当を作って、ありがとう。
水筒にお茶をいれてやって、ありがとう。
洗濯してやっても、ありがとう。
アイロンしてやっても、ありがとう。

母なら当たり前といわれることを
しているだけで、「お母さん、ありがとう。」って言う。

「なんでも自分でやりなさい。」というのが私流の子育て。
だから、基本はなんでも自分でやらなくてはいけない。

長男や次男は、学校にお茶を持っていきたいと思えば
自分でお茶を沸かして、冷蔵庫で冷やして、水筒に入れる。

「明日、体操服がいるんだけどなー」って時は
自分で洗濯機を回して洗う。

それが、当り前となっていた。

3男と4男に対しては、余裕があるのか
私も年をとったのか、「自分でやるもんだ。」と言いながら
やってあげてることが多い。

すると、「ありがとう」と言われる。


私は「どういたしまして。」と応える。


最初からなんでもやってあげてたら
この「ありがとう」はなかったかもしれない。

でもこの「ありがとう」に気をよくして何でもしてやってしまう私。
母のこの単純さを見抜いてしまtってるのかもしれんな。

その代わり、母の日に改めて感謝されることはない。
とってつけたように、プレゼントを用意して感謝されるより
こうやって日々の小さなことに感謝されてる方が
いいよなーって思ったりもする。



今朝もまた

「お茶入れといたよ。」
「ありがと!」
「お弁当おいとくよ。」
「ありがと!」


こんな感じで1日がスタートするのは、気持ちいいよな。

笑って大きな声で「いってらっしゃい!」言える。
なんて幸せな家庭なんだろ。

なーんてね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。