スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの人生。

昔テレビドラマ「世にも奇妙な~」で見たストーリーに
印象に残っているものがあります。

人生のある岐路で、もうひとつの選択をしたもう一人の自分がいて
別のところで、別の人生を歩んでいるという話。

確か主演は、浅野ゆう子さんで
キャリアウーマンでバリバリ働く自分と
結婚して子育てに追われおしゃれもままならない主婦の自分。

結婚するか、そのまま仕事を続けるかでどちらを選べば幸せだったか、
というお話でした。

****************************


数日前、とても変な夢をみました。

私は、45歳の私なのに
周りの環境も関係者も見たことがない人ばかり。
しかも、子供さえいません。

今まで色んな夢を見たけど
たとえ高校生の頃の夢であっても
18歳であっても
なぜか子供は「息子が4人」という設定のままだったのに
その時の夢だけは、違っていたのです。

なにやら難しいプロジェクト抱えて
仲間たちと力を合わせて、頑張っている私でした。
もっと力をだせるんじゃないか、資格は活用できないのか・・

そんなことを一生懸命にやっていました。
そして、とても楽しくて充実していました。


目が覚めたときに、あの「世にも奇妙な~」を思い出したのです。


私は高校2年の時に、当時付き合っていた人と別れました。
それは単なる私のわがままで、特に相手に不満があったわけではなく

「このままこの人とつきあって、何の疑問も持たずに
 いつか結婚するんだろうな・・・」

そんなことを考えて、

「そんな決まり切った人生なんてイヤだ!」

と、思い別れたのです。


そして、自分から言い出しといて
別れた後、とても泣きました。

それは、何かとてつもなく大きな不安で
人生の岐路での選択肢を間違ったんじゃないか・・
私の人生は、大きく軌道がずれてしまったんじゃないか・・

じゃないか・・というより、
ずれてしまった!という確信の方が強かったかもしれません。

「とんでもないことをしてしまった・・」そんな漠然とした不安で
泣きじゃくっていました。

それからというもの、どこかで軌道修正したいとは思いながら
戻ることはなかったな、と思っています。


あの時に感じた「ずれた!」という感覚は
後にも先にも、あの時だけ。

きっとあのまま続けていて、
自然の流れで別れることがあったかもしれないのに
人生に逆らうように無理やり別れてしまったからだと思います。


もし、あの時にあっち側へ進んでいたなら
私はどんな人生を歩んでいるのだろう。

今のこの自分と、もう一人の人生を歩む自分は
どちらが幸せなんだろう。


この私の人生は、バツ2で、貧乏で
でも健康で息子たちと楽しく生きてます。

もう一人の私も、楽しく生きてて欲しいな。

もし、あの夢がそうなら
とても生き生きと幸せそうに輝いてたので
よかったなーと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。