スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アワ男

私のまわりにはアワ男が多いなぁ・・と思います。

父は絶対にそうだと思う。

普段から何も言わない人で、お酒を飲んでもあまりかわらず
黙って飲んでる。文句ひとつ言わない。
仕事は誰よりも早く出勤して、みんなが仕事をスムーズにはじめれるように1人で準備をします。
日曜日も惜しまず出勤して、月曜日から仕事ができるようにします。


働き者だし子煩悩だし「文句つけようがない良い夫」だと
母はいつも周囲から言われていました。

でも父の中ではやっぱり何か不満とかあったんでしょうね。

それは母とのことか、仕事のことか、両方かわかりませんが
それが限界になったとき、父はびっくりする行動に出ます。

蒸発。

仕事へ行ったまま戻らない、ということが
2回ありました。(いや、3回かな)

1度目は仕事。
私が小学校の頃でした。
一緒に働いていた伯父(母の長兄)が仕事場の事故で、目の前で亡くなり
そのあとの仕事を任されたものの、そういう責任者とかTOPとか
できない、やりたくない人なので、いやでいやで逃げたのです。
思いつめて自殺をしようとしてたらしいですが、その前に発見されて連れ戻されました。

(2度目も小学校のときだと思う。よく覚えてないですけど)

3度目。
私が高校3年のときです。
賭け事で借金をして、ドツボにはまったようでした。
このときは数ヶ月、戻ってきませんでした。
戻ってこない間に公営住宅の建て替えで引越しがあったりしました。
母と娘3人でなんとか切り抜けました。
母は見つかったら離婚すると言ってたのに、離婚しませんでした。

何も言わずに黙っている姉や妹とちがい、言わないと気がすまないサヌキの私は
「文句言うぐらいなら離婚して1人で生きると決めろ。離婚しないなら文句言うな!」と母に食ってかかり
母に「なにもわからないくせに偉そうに言うな!」と怒鳴り返されました。

数年後に私が離婚するとき、母とこのときの話をしました。

「お母さんは結局お父さんが好きだったから離婚しなかったんやね。
 私は好きじゃなくなったから、離婚するよ」みたいな話でした。

母は1人で生活を支えていく勇気もなかったし、自信もなかったと言いました。
そしてこれから嫁にいくであろう娘3人に、「離婚癖がついてはいけない」と思って
我慢した、と言いました。

私は「はぁ?人のせいにすんな!そういう考え方は迷惑だ!」と
また喧嘩になりましたw

「離婚癖がついてはいけない」と我慢したのに
娘たち3人は見事に離婚しました、とさ。

「私はあんたたちのために我慢したのに===」と言ってました。

そんなこと知らんがな~・・

父のような優しい男がいなかったから、というのもあるけど
母が反面教師になった、というのも・・・あると思います!

そして耐えて我慢した母よりも迷惑をかけた父のほうが
今の我が家では評価が高いです。

なんでかなぁ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。