スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに

夢を見た。

最近はバイトから帰ると1分1秒でも早く寝たいのに
脳はさっきまでの仕事モードが抜けなくて、寝てても頭の中では接客しているという・・
とっても疲れる睡眠で、

そのためか、バイトがない日も疲れてるのに寝つき悪く
日曜日は昼間っから爆睡・・とか
リズムがめちゃくちゃだった。

バイト先で話してるとみんな同じらしく
「寝れないんですよね~脳が興奮したままで・・」と話してた。

OPENして、研修してきたことを必死で思い出しながらの接客は
とっても神経を使うようで、からだより脳がヘトヘトになってしまうのです。

それで、そうだなんか鎮静してくれるようなCDでもかけて寝よ。

と思い、夜中に帰ってネットで探すのも面倒なので
ヘミシンクのメディテーションでも聞いておこう、とヘッドフォンして寝ました。

なんか・・すぐ寝れたと思う。
短時間睡眠なのに、ちょっとスッキリ感もあった。


翌日は休みで「今日は早く寝るぞー」と思って布団に入った。

即寝。そして、夢を見た。
ほんと、久しぶりの夢。


ifさんちに行ってきた。
しずさん、rindenさん、ゆずかさん他にも何名かいたと思う。
ご飯はifさんちで、宿泊はホテルだよ、ということで荷物を置くためにホテルへ寄り
ifさんちへ行くときに、みんながそれぞれ自分の好みの飲み物(酒)を買う。

誰だったか忘れたけど「チューハイにしようか、どれにしようか」とウダウダ悩んでたので
「両方買え」と言っといた。

ifさんちでは、ifさんのご主人や息子さんもいて
いっぱいお料理を出してくれて、もてなしてくれた。
でもご主人は話には入らずに部屋を出て行かれた。
息子さんは男前だった。

話した内容はたいしたことはないように思う。
大阪の名物はこんなだ、とか食べ物の話題が多かった。

ifさんが自家製の白菜のお漬物を出してくれた。
すごくおいしい。夢なのに味がした。

「すっごい美味しいです!ネットで売れますよw」とか言いながら。
ifさんは、「なんか急に思いついて作ってみたのさ」と言っていた。

あまりにも美味しいので、ifさんに作り方を教えてもらおうと思うけど
「簡単だし、それぞれ自分のやり方があるでしょうから」と詳しく教えてもらえない。

「ifさんがいなくなったら、どうしたらいいんですか?食べれなくなるじゃないですかー」というと

「そのときは、自分で考えて作りなさい」と言われた。



きっと、「もっともっと自分自身で考えなさい」というメッセージだと思う。


途中でトイレに起きるものの、また即寝で続きをみるという・・
ほんとに宴会中にただトイレに行ってきた、みたいな感じだった。


目が覚めても、あのお漬物の美味しさが忘れられない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。