スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のお盆休み。

去年、おととしと2年連続でグアムに行ってたけど
今年はバイトをちょこちょこ入れてたので、特になし。

14日は唯一のイベントだったBBQ。
なのに明け方に強烈な胃の痛みで目が覚めて
吐き気と胸焼けで、BBQではほとんど食べれず、飲めず。
絶不調ではじまったお盆休み。

1日おきにバイトが入ってたこともあって
今年のお盆休みは飲んだくれることもなく
夫と二人で家でゴロゴロというので終わった。

夫が「二人やから、気兼ねないな~」としみじみ言いました。
休み中、唯一エアコンがある部屋に寝床を敷き
夫はほとんど下着姿。
私もそれに近い姿でダラ嫁してました。

そういえば、去年の今頃。
娘がアメリカのインターシップから帰国する日が近づき
私は夫に別居したいと申し出た。
私は娘と暮らすストレスで精神的に参ってしまい
自分の子供たちと暮らしたいので、夫には娘と暮らすようお願いした。

私の状態がそれほどまでに切羽詰ってると知らなかった夫は
いろいろな改善を約束して、別居はしないでほしいと言った。
私は「それなら二人で暮らしたい」と懇願したが、卒業までなんとか堪えてくれと
お願いされ押し切られていた。

そんな中で帰国してきた娘が、夫の目に付くほどに
自分勝手な振る舞いをやらかしてくれたので
私がキレるより先に夫がキレて、程よく娘との距離感ができた。

そして年があけ、舅が亡くなったあとに
あれよ、あれよという間に夫の就職話や
引越し、娘との別居が決まり二人での暮らしが始まった。

(あ!!!叶ってる・・)

自分が望んだ暮らしになってた、と気がつきました。
どこまで自分の心と体がもつか、
次に限界になったときには、夫が何を言おうと出ようと決めていたのに
1年たたないうちに、願いが叶っていたということになるのです。

本当に「願えば叶う」のだと、また気づいたのでした。

叶ってるんだから、今の状況に不満を言ってはいけないなーと
つくづく思いました。

50を前に再婚したものどうしの私たちは
若い頃にデートをしたりという思い出もないし、これからもないし
長生きしても、普通の夫婦よりも一緒にいる時間は短いだろうし
今をもっと大事にしないとな~と思いました。

最終日、なにもせずに終わってしまったなーと
反省しながら、でもいろいろと気づけたことも多かったなーと思いました。

お盆が終わったら、あとは年末へ向けて・・1年って早い・・




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。