スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうのパワー

お盆休みの間、単行本になった「ひっそりとスピリチュアル」を
読んでいました。

少し読んでは睡魔が襲い
ウトウトしては携帯ゲーム
また読んではウトウト・・

タイムリーでお盆の供養のことなどを読んで
やっぱ、帰ってくるんかなぁ・・なんて思いました。

今年の初めに亡くなった舅の初盆。
認知症の姑にはもうお盆なんてわかっていない。
50歳を過ぎた未婚の小姑はなーんも知らないし
「お金がないから初盆なんてできません」というし・・

夫も「お盆って墓参りしたらええんやろ?」という感じ。
「すぐにお彼岸でまた墓参りするし」とか言うし。

なので、
お彼岸は川の向こう岸まで出てくる。
お盆だけ川を越えてこちらがわに帰ってくる。
せっかく帰ってきたのに「なんも食べるもんないやんけ!」って
なったらお父さん気の毒でしょ。だから、一応お供えしとこうね。

と説明しました。

とにかくお墓参りに行き
掃除してお花をあげて。
義実家に行き、仏壇にお盆用の野菜や果物をお供え。

「あら~ありがとうねw」と姑さん。
仏壇のお花は・・・枯れかかっていた。
(お花も買ってくればよかったなぁ・・)

ま、それなりのお盆らしい感じにはなってました。
でもなんとなくですが、舅さんの目を細めて喜んでる顔が浮かんだので
よかったかな。


「ひそスピ」を読んでいて(ブログでも読んでるはずだけど)
心にとどまったこと。


「ありがとう」という感謝の言葉は
言った方も、言われた方も波動が上がる



接客業をしていると、
「ありがとうございます」とお客様に言い
「ありがとう」とお客様に言われる。

そんな業務的な「ありがとう」でも、やっぱり気持ちはいい。

フロントの狭いカウンターの中で
接客をしながら、合間に他の仕事もするのですが
たとえば、ゴミ箱のゴミを捨てに行ったり
物販の在庫をそろえてみたり、と誰がやるとは決まってないけど
気が付いたら誰かがやる、みたいなことをしたときに

「ありがと。」の一言を言われるのと
無言で当たり前のように受け取られるのとでは、
やっぱり違うなーと思いました。
「ありがとう」を言ってもらおうと、感謝してもらおうと思って
やってるわけではなくても、それでもやっぱり「ありがとう」は心地いいものです。

なので、私は忙しい合間にそういった雑用をしてくれてるスタッフに
「ありがと!」と言うのを忘れないようにしてます。

「え?」と二度見する人もいます。
「はい♪」とうれしそうにする人もいます。
「いいえ~」と謙遜する人もいます。

でもその「え?」と二度見したあとに
ニッコー!と笑って「はい♪」と言ったスタッフは
きっと気持ちよかったんだなと思います。

そしてその笑顔を向けられたこっちも気持ちよくなります。

やっぱり「ありがとう」はとてもパワーのある言葉なんだなと
思いました。



それから本には産まれてこれなかった子供たちのこともありました。
「親を恨んでない。」
産まれては困ることがわかっているから自ら命を消しているんだと。
だから「ごめんなさい」ではなく「ありがとう」なんだと。

日々の供養はいいけど、年忌供養はしたほうがよいとありました。
そこを読んでるときに泣きそうになりました。

私には長男の前に5ヶ月で死産した子がいます。
男の子でした。
5ヶ月目の健診で心音がないことがわかりました。
当時、私は自分を責めました。
つわりがひどくて、「妊娠なんてイヤだ」と思ったから。
「こんな苦しいなら子供なんていらない」って思ったから。

そんなことばかり考えて、毎日泣いていました。

その後、長男が無事に産まれ
いつしか思い出すことは少なくなり
考えてみれば27回忌はとうに過ぎていました。

きっとこのタイミングでこれを読み
この部分が心に入ってきたということは、
これを読んで思い出して欲しかったんだろうと思いました。
お盆で帰ってきてたのかもしれません。


子供を思い、写経をするのがよいと書かれていたので
やろうと思っています。

その日、寝る前に
「忘れててごめんね。それから、ありがとうね。」と
寝付くまで、何度も何度も心の中でつぶやきました。

その夜に、夢に出てきていたと思います。
詳しい内容は覚えてないけど、目が覚めたとき
(出てきてたな~うれしそうやったなぁ・・)というのだけが残っていました。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。