スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今時の若者。

うちには今年の6月で24歳になる長男と
11月に22歳になる次男がいます。

この二人のことをちょっと・・


長男は大学を5年行きました。
奨学金と自分のアルバイトで授業料やその他の費用を賄っていました。
私はただ家に置き、食べさせた。

一切の援助はしていません。

その長男は卒業しましたが、就職していません。
就職氷河期だといわれるご時世で
「就職するより、もう一回専門学校へ行く」
そう本人が決めたことでした。

私は見守ることにしました。
でも大学も卒業したので、食事の援助は打ち切り。
家にいることは許可しましたが。

私は鬼母だろうか・・と悩んだりもしました。
でも昨日、長男と久しぶりにゆっくり話しました。

私は自動車関係の学部を卒業した長男に
知り合いの自動車修理の仕事を手伝ってみてはどうか?と
言ってみました。

長男は、
「どうしても何も決まらなかった、その時は頼む。
 できるだけ頼りたくないねん。最終手段にとっておきたい。」

長男なりに、いろいろと考えがあるということもわかりました。
世間的にみたら、フリーターであり、ちょっとニート。
「ダメ人間」と決めつける人もいるでしょうね。

でもちゃんと考えてます。

「できるだけ自立していきたいから」

そんなことも言ってました。

私は今まで、本人のやりたいと思うようにさせてきました。
高校を決める時も、大学を決める時も
いつも自分で決めてきました。

卒業してからも、変わりない生活をする長男を見ていて
今までの子育てが間違っていたのかもしれないと
少し不安にもなっていました。

そんな私を励ましたのは、次男でした。

「お母さんの子供やから大丈夫や。
 お母さんがいつも言うてることやろ。大丈夫や。」

そんな次男も自分の思うがままに生きています。
ちゃんとした会社に就職することが「常識」だと
周りはいうと思います。

でもその常識や一般的といわれることに
必ずはまらなくてはいけないのでしょうか。

うちの息子たちの生き方は、そんな常識から外れているけど
自分自身をしっかりと持って、
素直に生きてると思うのです。

やっぱり幾つになっても子供は子供。
まだまだ私はちょっと離れたところで
見守っていこうと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。