スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サトル

ぐれんの記事で。

私の「悟る」の体験。


たぶん小学校の低学年。

私は小さい頃から周囲の大人に
「お前は意地悪だ」と言われて子供ながらに大いに傷ついていた。

私のどういうところを見て「意地悪」と言われるのかわからず、
「大人って子供だからって平気でそういうこと(傷つけること)言うよなー」と
心の中で逆に大人を斜め上から見てたような子供だったので
そういうところがかわいげのないガキだったのかもしれない。

友達とのささいなやりとりで、友達が私が「いやだな」と思うことをした。
(内容は覚えてない)

なんでこんなことする(言う)んだろう。
自分だって相手にされたらイヤだろうが。

そんなことを考えながらの下校途中。
漫画のひとコマのように、ほんとに「はっ!」となった。

そうなった場所さえ覚えてる。
あまり車も通らない道路のボタン押し信号のところ。
ちょっと夕暮れがかったころ。


「自分が人にされて嫌なことは、人にしてはいけない」

こんななんでもないことに、「はっ!」としたのです。


そしてそのときに「サトル(リ?)」と聞こえた。(浮かんだ)

でもその時点では「サトル」の意味がわからずに
逆に「え?どーいうこと?」となってしまい
それから40年もの間、その瞬間のことがずっと頭にあります。

ただ「何か知らないといけないことがあるんだな」と思っていました。

PANDORAではじめて「悟る」の記事を読んでから
そのときのことが、ますます思い出されて
何かにつけて「これ?これのこと?サトル?」と
いつもそのときの声に向かって聞いてる感じ。

そして、何度か「はっ!」とするような感覚で「こういうことか!」てなってるのですが
少しすぎると「そんなしょうもないこともわかってなかったのか?」というほどの
くだらんことだったりして、いちいち覚えてないのですが

そのたびに、あのときの「サトル」という声を思い出しては
まだまだ「正解」が出ていないと感じてます。


もうすぐ50。

まだわからんことだらけ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。