スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一足飛びの人

ずーっとまえに「ぐれん」であった記事です。

自分がこの状態であったと気づいた出来事がありました。



バイト先である温泉施設は「仕事のあとに温泉に入れる」というのを
募集のときの歌い文句にしています。


勤務終了後、お風呂に入って帰ってもよいということです。

その代わり(?)他に社員割引とかは一切なく
休日にお風呂に行くときは通常通りの料金です。


昼間勤務の人は、帰ってから家事もあるので入浴する人はほとんどなく
深夜勤務の人は、ラスト作業の後は浴場も清掃してあるので入れません。

私は時々22時までなどの勤務のときに入浴していました。

若い人は「すっぴんを見られたくない」というので
結局は、「すっぴんなんて気にしない私たち世代のこの時間までの勤務の人」
ということで、すごく少数しか利用はしていません。


ところが突然「入浴時のルール変更」という告知があり
いろいろと注意事項が書かれていました。

要は入る前のめんどくさい手続きをさせて
「これでも入りたかったら入ってみろ」的な。


みんなで「なに?突然に?何か問題でもあったのかしらね?」と話してて

他の人はあまり入浴してなかったので

「あら?私、何かしたっけ?」と思いました。

どこにも、誰にも

「N(私)が何かしたから」ということは書かれてないし、言われてないのに。


で、ハッ!としました。

(これ、あったぞ。ぐれんの記事に・・)

そして、その記事を探し出して読んでいました。


「何さ!もう風呂なんて入らんわ!」とか思ったりしたけど

そんなこと考える必要もなく、そのルール通りにすればそれでよいだけなのです。


もうちょっとで、余計ないらん怒りを持つところでした。


会社側の「できれば従業員を入らせたくない」感はありありですが
気にせずに、ルールに則って入浴したいと思います。


この会社、都合が悪くなるとどんどん最初のルールを変えてしまう
かなりの××な会社だと、最近は従業員の中でもっぱらの噂。

そろそろ近所の客も飽きてきたようで
客足も伸び悩んでます。

ここで地元住民でもある主婦パートを敵に回すのはいかがなもんかと・・
おばちゃんらの口コミネットワークのすごさは
2chよりも怖いですからw



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。