スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳毒女。

夫の姉。いわゆるコトメは52歳で独身。
一度も婚暦はなく、実家の近所で1人暮らし。
大手の会社でバリバリ仕事をしていて、噂では預貯金が億・・らしい。

姑さんが認知症になるまでは、毎日お弁当を作ってもらい
仕事帰りには実家に寄って晩御飯を食べて、お風呂に入り
洗濯もしてもらってたらしい。

実家は公営住宅で高収入の姉がいると家賃があがってしまうので
住民票からはずすために、近所で部屋を借りただけで
50前まで、姑さんが全部していた。

お酒も飲まないコトメさんは飲んで帰ったり
友達とご飯を食べて帰ったりということもあまりなく
今も仕事が終わると実家に帰るものの、認知症の義母は
1人で買い物に行ったりもできないので、食べるものがないこともあるらしい。
かといって、作ったりしない。たぶん・・できない。

義父が亡くなって、法事のときに
みんなが黒服を着ているのに、Tシャツにデニムで来たコトメさんは
「知らんかったわ。」と言ってた。

高校を首席で卒業下人が、50年も生きてきて、
そういう一般常識は知らんねんなぁ・・と思った。

認知症の義母の年金や通帳の管理もコトメさんがしてるので
どれぐらいあって、とかは一切知らないけど
義父の法事のたびに、「お金がかかる」と愚痴る。

でも喪主は義母だし、その義母のお金の管理はコトメさんなんだし
義母が生存中はその中でやってもらうしかないと思ってる。

でもコトメさんは「これは母のお金。親父のとは違う」らしく
いちいち「○○にいくらかかった。半分出せ。」とか言ってくる。
自分たちの親のことだから、それは仕方ないんだけど
なんか、引っかかる。

もうすぐ1周忌がある。らしい。

私は夫に行かないと言っておいた。

義父の姉妹は、まるで存在しないかのように私を無視してるし
カネカネばっかり言ってるコトメにも娘にも会いたくないし
家からでも手を合わせることはできる。
だから行かない。

俺の顔をたてて・・

いやだ。行かない。
(夫)・・・そうか・・しゃーないか。


で、その準備をしているらしく
何もわからないコトメさんは、義父の姉妹や近所の年長者から
ああしろ、こうしろ、と言われてイライラしてるらしい。

夫が「お弁当の手配はしたから、お供え物の果物の手配はお前がしろ」
と、姉から言われたと泣きついてくるので
ネットで果物のカゴ盛を注文しておいた。

その値段を聞いて
「姉が高いって言ってるからキャンセルして、安いのとかえてくれ。
 お弁当やお布施でお金かかってるのに、ってキレてる。」というので

これはうちからのお供えとして出すので、関係ない。
法事はお金がかかるもんやろ。
お金出すのがいやなら、法事しなければいい。
墓参りだけですましても、お父さんも怒らんやろ。

と夫に言うと、「ほんまや。」と同意するが、姉にはいえないみたい。

だいたい、自分がここまで育ててもらった親に感謝する気持ちが
あれば亡くなってからの法事だって、義母のことだって
なんでも「お金が!!」にならないんじゃないのか。

うちがお金に余裕があれば、文句言わせずにしてるのに
持ってない人ほど「出してやるのに」と思い
持ってる人は出さないもんだな。

このコトメさんの親やお金に対する考え方は夫の娘と似ている。
たぶん、夫もそうなんだろうと思う。

結婚する前も実家暮らしでお金は一切入れず
結婚してからも親から生活費を援助してもらっていたという夫。
(嫁が生活費が足りないというと、夫の親は援助していたらしい)

だから私が何度も夫に
「成人してるんだから、もっと自分の力で生きていくという自覚を持たせろ」
と話しても、夫自身が理解できてないから、娘にさとすことも出来ず
ただ放置しているだけになってる。
だから娘はやっぱりわからずに、いまでも「お金くれ」のメールばかりがきている。

私が息子たちに「高校までは出してやる、あとは自力で」という方針で
言ってきてる育て方と全然違う考え方で、そりゃわかりあえるわけがない。

娘もこのコトメさんのように、なるんだろうなと思う。

そこで夫の実家の血筋は絶えるので
それ以上の連鎖は心配ないのが救いかもしれん。

最近では娘がかわいそうに思える。
こんな風に育ってしまって。
その原因は夫だけでも母親だけでもない。
夫の両親から、もしかしたら、その前からずっと(義父の姉妹たち見てても)
受け継がれてきていたのかもしれん。

だから、夫の代でこの家は絶えることになるんだろう。


世の中、そりゃお金ですけどね。
でも使ってこそのお金であって、貯めてても
死んだら持っていけませんよ。

億もあるお金を有効に使えばいいのになぁ。

と、宵越しのお金は持たないタイプの私が言ってみる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。