スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立。

末っ子の息子は中学3年で受験生。
将来の希望進路などがなかなか決まらず、
行きたい高校もこれといってないようだった。

「消防士を目指す」とは言ったものの
ちょっと違うようで、進路懇談も「うーん・・・」という感じ。

調理師学校の体験授業に参加してみたりもしたけど
「特別、行きたい!とも思わんかった」そうだ。

先週の土曜、学校名が書かれた紙袋をさげて帰ってきた。

「学校の説明会に行ってきた!」

あら。そうなん?どこの?へぇ~!

説明会があったことも、行ったことも知らなかった母。
どんだけ放置・・

その息子が目を輝かせて話す。

「おかあさん!おれ、この学校に専願でいく!」

「あ・・そうなん。私学・・専願ね・・へぇ~・・」


いきなりすぎて、びっくりする私に
パンフレットの授業料のページを開いて説明してくる。

「普通科よりちょっと高いねんけどな・・」


その学校の国際科に行きたいらしい。
留学もできるらしい(希望者のみ)

そういえば、「外国へ行きたい」とよく言ってたな。

3ヶ月の留学で120万
1年の留学で・・350万!!!!


「おれ、高校いったらバイトして、1年でどれぐらい貯めれるかな。
 それで留学するわ!」

そーなん?へぇ・・!!すごいね。

そんなことばっかり言いながら聞いてた。


そんな話をしながら息子はほんとにキラキラしていた。

「よかったね。行きたいところ見つけれて。」

「うん!」


大阪では来年度の高校入学生も授業料の無償化が決定している。
だから実質かかる費用は設備費などのみなので
私学でもいいだろうと思っていた。

なにより、うえの3人がみんな私学なのに
「あんたは絶対公立へ」とかは言えないし。

たいがいの人のように塾へも行っていない。

夏期講習へ行くかと聞いたら
値段を聞いて「そんな高いなら自分で勉強するからいい!」と言った息子。

「自分でバイトして留学する」と、はなっから親をあてになどしていない。

ここが、義娘との違い。


「親にしてもらうもの」「当たり前」だとは思っていない。

まず「自分で」を一番に考えてる。


実際、留学できるかどうか、
あ、まず入学できるかどうかもわからんけど

自分で探し出して自分で見つけた息子の希望。

やりたいこと見つけた息子は、そりゃー輝くわな。


そんな息子を見てると幸せに思う。


かなり複雑な家庭環境だと思うんですけど

よくもまぁ・・こんなに素直に育ってねえ・・と他人事のように
感心してたりする。





この子にとっての「幸せな世界」へいけますように。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいね!^^v

思わず応援したくなっちゃう^^

まぁもし留学できなかったとしても
貯めたお金でバックパッカーで
東南アジアをさすらってほしい

ビビッドな年頃に、ビビッドな空の下で
ビビッドな冒険をしてほしい

ビビ、ビビ、うるさいって^▽^

かつきちさん

本人今のところ、まったく英語もできないんですけどねw

とにかく「外国へ行きたい」と思ってるみたいです。

「青年海外協力隊」とかまで興味があるみたい。

私もさすらってほしいなぁ、と思います^^
最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。