スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、こい。

2015年。

大晦日から元旦・二日と夜明け前からの出勤で
いつものように酒びたりになることもなく・・
3日から夫と沖縄へ行ってきました。

もともと私に任せきりの夫。
それは旅行だけではなく、家のこと、会社のこと、お金のこと、
なにもかも自分では何も考えることは無く
私が「こうしたらどうかと思う」と考えを伝えると
「そうしよ。」と答えるだけ。

2日の夜、翌日の出発に向けて
夫が何も言わないので、

「どういう手段で空港へ行き、何時の飛行機で、何時に家を出るのか、とか
 そういうの考えてるのか?」と聞いたところ

夫はやっぱりなーんも考えておらず

「どうしたらいい?」


モノレールまでの交通手段がないので
タクシーを予約し(携帯で呼べる便利なアプリ発見)
出かける時間を伝えた。

カード類は何を持っていけばいいのかと聞いてくる。
ANAのカードは搭乗券代わりなのでいること。
ホテルの提携カードで予約してるから、それもいること。
レンタカーを使うので免許証もいること。

それらを説明した。
「おれ、お金もってないから。」とニコニコ言われて

「は?(鬼顔)」

「だって、昨日の飲み会でー」と前日の友達との飲み会のことを話しだした。

ていうか、小遣いには正月開けの仕事がはじまってからの
お昼代とか、そういうのも含まれてたんですけど。

新年早々のあきれ発言。

沖縄でもレンタカーのお店で宿泊先を聞かれても
「どこやったっけ?」とか
帰りの飛行機を聞かれても
「何時やったっけ?」とか

ちょっとは頭に入れとけよ!と思いまたあきれる。

でもイライラはしません。
そういう人なんだとわかってるので、そこで「なんで知らんのじゃー」とも思わない

レンタカーに乗ってからも私が行き先をナビに入れる。
その通りに走る。

その繰り返し。

「次、どこいく?」と相談しようとしても

「どこでもーなんでもー」

それを優しい俺だと思っている夫。

違うんですけどね。


でも思うのです。
これが私が選んだ夫なんだな、と。

今までの2回の結婚で「この旦那、ダメだ!」と思うと
1人で生きることを選んできた私。

何回リセットしても、また同じような旦那(ちょっとタイプは違うけど)に当たるのは
この夫から何かしら学ぶべきことがあるんだろうと思うようになってきた。

姉は「なんで離婚しないの?」と不思議そうに言う。

姉には理解できないだろうと思うので、あえて言わないが
「今回は逃げないで最後までやる」と決めての結婚だったから。

どんな問題を突きつけられても、それを楽しむぐらいの生き方をしてやる。
そう決めて結婚したから。

そりゃー思ってた以上にいろいろありますけどね。

2回目までの私はそのたびに

「うー・・なんで私ばっかりー」とか
「はいはい、どーせ私が悪いのね!!」とか
「だって、私だって・・」とか

相手をわかろうとなんてしてなかったし
自分のわからなさもわかってなかったし
ましてや、相手がわかってないこともわかってなかったし

結局、ぐるぐるになって自分の思いにつぶされそうていた。


母が言う。
「今までで一番働いてるんちゃうの?母子家庭のときより働いてる。」

そうかもしれない。

でも私はそうしたかった。
でも今までできなかった。

子供たちも大きくなって、手がかからない。
夫は勝手に自分のことはしてくれる。

だからこそ、今私は働ける。

ブンブン働ける。

家の中はぐちゃぐちゃだけど、いいのさ。

それで文句言ってくる夫や子供じゃないし
そのうち休みの日には掃除するから。

せっせと手作りの家庭料理を作り
家の中をぴかぴかにしている主婦の人は「すごいな」と思うけど
私にはできないし、それなら外で働いてるほうが楽しい。

昼間の仕事と、夜の仕事のギャップがあるので
「転職したい」という考えも出てこない。

昔、宮尾すすむさんがやってた「日本の社長シリーズ」を見てるとき
1代でたたきあげの社長さんが「若い頃は寝ずに働いた」と言ってるのを聞いて
「寝ないで働いたら社長になれるのかな」と思ったことがある。

社長にはなれずとも、怠け者の私が「寝る間も惜しんで」働くことが
できるだろうか、と思った。
そして、人間ってどれぐらい寝ないで働けるんだろう、とも思った。
挑戦してみたいと思っていた。

最近、そのことをよく思い出す。

もしかして、私がやってみたいと思ってたことが(忘れてたけど)
今になってやってきてるってことなんじゃないのか。

それならば!と余計に今の状況が楽しくなってきた。

毎月のお金のやりくりもクリアするたびに
パッパパー♪とロールプレイングゲームのステージクリアの音楽が鳴っている気がする。

姉や母にしてみれば、死ぬほど働いている私がなんで夫と仲良くしていられるのか
理解できないようだけど、
私はこんな夫にとくに不満はない。

働いて働いて、遊ぶ。

だからこんなに働いてるけどお金はない。
それでいい。
だって楽しむために働いてるんだから。

子供たちも問題なく育ち
夫と仲良く、仕事には恵まれて
大好きな飛行機に乗って旅行も出来る。

ほら、幸せじゃないか。

そう気づけた新年の旅行だった。
よかった、よかった。

次はどんな課題が出てくるんだろう。
でもそれもまた受けてやる。クリアしてやる。

今年もまたぶんぶん働いて遊びます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。