スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よそはよそ。

大阪のおばちゃんがよく言うことのベスト10で
確か1位だった。

「よそはよそ、うちはうち。」

おかんたちは、都合よくこれを子供に使うんですな。


「○○ちゃんとこは、夏休み旅行するねんてー
 ええなぁ~うちは?」

「は?いけへんよ。よそはよそ、うちはうち。」

とか・・

私もよく言われた。

そのくせ、進学先だの就職先だのの話になると

「○○ちゃんは、△△に行くらしいで。ええとこいけるねんなぁ~」と
おかんが言ってくる。

そこは「よそはよそ」ではないんかい、って思ったもんです。


て、前置きが長くなったが

うちの家庭は「一般的」とは違う。

たとえば、子供たちは別で暮らしてることとか

私が猛烈に仕事してることとか


それをいろいろとご親切に忠告してくれる人が多い。

「子供だけで生活させてかわいそう」とか
「まだ親から話す年齢でもないのに」とか。


今の仕事っぷりについても
最初は「よく働くね~」という賛辞っぽい言い方で

たぶん「どうせ続かんだろう。カラダ壊すだけ」とか
思われてたのが、案外楽しげに仕事を続けてるので
だんだんと言い方が変わってきて

「なんでそんな働くの?」

と、ちょっと顔つきが斜めになり、次には

「1人で家にいる旦那がかわいそうじゃないのか?」
「なんのために夫婦なんだ?」とか

になってきた。

夫に聞いてみた。

「私が働いて1人でおることが多いのって不満?」

「いや、別に。」


子供たちとの関係も、夫との関係も
生活の形も

「一般的」ではないのかもしれないけど
うちなりに、まとまってると思っている。


普通じゃない、うまくいくはずないと思われてたことが
案外うまくいってることへの妬みだろうか。
なんて思ってしまう。


夫がいうには

私が働きまくってても、「働いてるんだから!」と偉そうにしてない、こととか
自分で自分のことをするのは苦ではない、こととか

そんな感じで不満ではないらしい。

私も自分自身で「あ~しんどい!」とか愚痴が出ることもなく
夫から「もっとちゃんと掃除しろよ」とか言われることもなく

好きに働かせてくれてるので不満はない。


それでも、そういう意見をいただいたときには
一度立ち止まって、考えることにはしている。

「これでいいのか?」と。

今のところ、これでよいと思う。
でも考えさせてくれてありがとう。

うちはうち、でやってます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。