スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の世界へ

最近いろいろと動いた。

1つは人間関係。

バイト先で、ぶつかってたKさん。
Kさんは仕事ができる。それは私も認めていた。
ただやり方が、自分勝手というか自己中というか。

Kさんは(たぶん)私をライバル視して目の敵にされてた。
年も近く(本当は私がかなり上)、子供の年齢も同じで
最初に「同じタイプ」だと察したのだと思う。
私も察したように。(笑

私は敵ではないのに・・と思っていて
Kさんがプンスコしていても、無視されてても
私は同じトーンを続けた。

「おはよう!」
「お疲れ様!」
「お先に失礼します!」

など、他の人と同じトーンで言い続けた。

同じ年の息子を持ち、同じ中学。
受験のときに「どうだった?」と聞くと
低いトーンで「ああ・・合格した。」と言ったので
「うわぁ!おめでとう!よかったね~」と心から喜んでお祝いを言った。
するとKさんが少し驚いたように

「あ・・ありがと。」と低い声で言った。

「いやぁ~ホントよかったw」と喜ぶ私。

それからKさんが変わった。

ニコニコと話すようになった。
子供のこと、夫のことなどいろいろ話した。
卒業式には2人並んで出席した。

周りは私達2人が仲良くなることが職場にとっては
「最強」だと面白がっている。

私とKさんは凸と凹のような関係だと私は感じていたので
自分にない部分を嫉妬ではなく受け入れられたら、こんなに楽になるんだと
2人してわかったところだと思う。


そして、昼の仕事を辞めることにした。
「辞めたい」と思いながら、もう5年。

なぜ辞めれなかったのか。
お金のためとはいえ、このなまぬるい環境に
自分も甘えているからだと思った。

愚痴ってても仕方ない。

社長に退職したいことを話した。
新しい事務員さんもよくできる人なので
社長としては、以前ほど私に依存していなくて
案外受け入れてもらえた。

私は数件に応募した。
社員食堂の調理と管理。
デパ地下の惣菜。
スーパーの惣菜。

友達に何気なく聞かれた。
「どの仕事が一番やりたいこと?」

私は料理が好きで、自分でお店を持ちたいとさえ思う。
だからそれが仕事でできるなら、こんな幸せなことはない。

だから基本的にどれも魅力を感じる。
あとは時間とか、勤務条件だけ。

旦那に言わせれば
同じような収入なら、なんでわざわざ辞めるのか?
今のところでいいんじゃないのか?

それは違う。
同じでも好きなことができて、楽しく働ける方がいい。

リベンジ

それが今年の私のキーワード。

10年前にデパ地下の惣菜で働いていたとき
子供が小さくかったことと、自分の精神的体力的問題で
辞めなくてはいけなかったことが、心のどこかに残ってた。

もう一度チャレンジ出来るときが来たんだな。

やっと、抜けた感じがする。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。