スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虐待。

会社の21歳になる社員の話です。

彼は去年の暮れ近くに入社しました。
経験もなくて、高校中退という履歴書で
なかなか社員にはなれない・・と本人が言ってました。

うちの会社は、ご老体が多くて
そろそろ世代交代していかないといけない、
若いのを育てていかないといけない、と
いうことで、経験のない彼を採用しました。

人懐っこい顔で、ニコニコと笑い腰も低い彼は
すぐに先輩たちにかわいがられるようになり
忘年会で会った時には

「早く正社員にしてもらえるようにがんばります。」
と話してた。

それから半年が過ぎ、彼は社長に直談判した。

「いつになったら社員にしてくれるのか。
 社会保険にいれてくれるのか。」
  と。

うちの会社は大半が、社会保険に加入していない。

いけないことなんだろうけど
会社の負担が大きくなるから、とほとんどが雇用保険のみ。

昔からいる古い運転手さんぐらい。

会社としては、
これから彼を育てて一人前のドライバーにしていくために
彼を正社員雇用として、社会保険にも加入した。

他のドライバーさんが聞けば、びっくりすだろうなー
何年も保険なしで働いてる人がいるんだから・・・

給料も本人の希望にかなった額だと思う。


彼は母子家庭で、父親の顔さえ知らないと言ってた。
母親をとても大切にして、大好きなんだなーっていうのが伝わってきた。
まだ43歳という若さで仕事をせず、息子の扶養になっている母親。

「僕は親を養ってるから最低でも●●万は欲しい」


そんな希望の金額にそった、正社員としての初給料が出た。

翌日から彼は出社しなかった。

そして、母親を伴って会社へ来た。


・残業手当がない。
・給料が安い。

ということを、母親が言ってきたらしい。

運送業というのは、通常の仕事のように
時間も確約されていない。

途中で渋滞に巻き込まれて遅くなることもあれば
配送先の都合で、長い間待機時間になることもある。

運賃はあくまでも、商品をこっちからあっちへ運んだ分であり
時間制ではない。

そんな事情を説明してもとりあわない母親。

息子の給料について、ここまで口出しするものか・・


彼は、かわいがってくれる先輩たちが大好きなので
今の仕事は続けたいと、以前に話してたことがあった。

21歳で、高校中退で、この給料は多分ほかにない。

私が母親なら、もし「給料が安いから辞める」と息子が言ったら

自分の立場を考えてみなさい、というと思う。


十分すぎる給料をもらってるんだから、がんばりなさい、と。


対応にあたった専務が言うには
この母親は今まで、こうしていろいろなところで
いちゃもんをつけてはお金にしながら生きてきたんだろう、と。

彼は母親を信じ、崇拝しているけど
実はうしろから母親に操られているんだろう、と。

あの母親がいる限り、どこで働いても一緒だろう、と。


悲しくなった。

息子はあなたの所有物じゃない。
手放してあげなさい。

って言ってあげたい。

彼はこれからも、あんなふうに生きていくんだろうか。

母親に言われるがままに、仕事を変えながら
もっと給料が多いところを、母親を楽させてあげるために・・って
そう思いながら。

そして、母親は息子のスネをかじることだけを考えて
影から言い続けるのだろうか。

「そんな給料の安い会社はやめてしまえ。」って。


本人たちは気付いてないけど
これも「児童虐待」の続きのように思えた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。