スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢初参り~外宮編

式年遷宮が終わったばかりの伊勢に行ってきました。
1人で行くことになって「呼ばれたかな」と思ったりもしてました。

識子さんのブログで生理の時は神社には行ってはいけない、というのを読んで
「鳥居をくぐらなければいい」とか適当に考えてたけど、それじゃだ失礼だなと思ってました。

でも行く前の予定ではバッチリ日程がはまってしまう。
もともとは予定よりも早め早めに来る方なので、安心してたけど
今回に限ってなかなかやってこず・・

先週になっていよいよ不安になり、ネットで調べたら
迷信だとか、伊勢は女の神様だから気にするなとか、巫女はどうなるんだ、とか
書いてたりして迷ったものの、それでもやっぱり行くべきじゃないように思い
もし生理になったらキャンセルしようと思ってました。

でも、でも行かなきゃいかん!とも思い、そこで
「私は伊勢のお参りが終わるまで生理にならない!」と自分で決めました。
そう決めてしまうと「よし!」と安心してその日を迎えることができました。

ほぼ満席のバスで、1人参加の私はラッキーなことに隣がいませんでした。
もう1人、1人参加の方がいらしたのですが、その人は3人グループと相席になってたので
私の隣になってもよさそうなのに、私は1人でゆっくりと座り
行きのバスの中ではマサトさんのStar PeapleのCDを聞きながら、爆睡でした。

そろそろ伊勢市内に入ろうというとき、目が覚める直前に
夢の中でたくさんのヤモリが出てきました。
(小さいヘビ?)と思ったらそれは何匹かのヤモリが固まってくるくる回ってる所でした。

(ヤモリか~・・なんの暗示かなぁ。)と思い目を開けると
青い空の低いところに長く横に伸びた雲が出てました。

(あ、龍やね・・)と雲を見ていて、伊勢に来たことを歓迎してくれてるんかなぁ。と
勝手にいいように考えてました。
あとから調べてみると、ヤモリは「神様の使い、龍神の使い」と出ていて

そっか。やっぱり龍神さまのお出迎えがあったんかぁ~と嬉しくなりました。


まずは外宮に到着。
GWは早朝だったので、スッキリと参拝できましたが
この日はお昼前に着きました。

添乗員の方が「こんなの見たことない」というほどの人出。
このツアーは団体行動ではなく、バスを降りたら「どうぞ勝手にいってきてください」
というフリーなツアーだったので、ありがたかったです。

正宮の手前から行列ができていました。
砂埃もすごいし、ざわざわしてるし
(外宮の神様、こんなんじゃ迷惑がってるんじゃないだろうか)と
思いながら鳥居をくぐって中に入ると、「喜」とか「嬉しい」とか
そんな感じがスッーと入ってきたので、

「あ、神様喜んでるんや。いっぱい来てくれてありがとうって嬉しがってるw」

そう思うと、砂埃もざわざわも全く気にならなくなりました。

神様が出た旧社殿は全部の扉が開放されて、奥の奥までが見えるようになっていました。
今しか見ることもできない貴重な場面です。
その前でピースして自分撮りしてる人がいましたが
いくら神様がいなくなったとはいえ、さすがにこれはちょっと・・と思いました。


外宮では時間があまりなかったので、別宮へいくのはあきらめて
せんぐう館という資料館に入りました。撮影は一切できないので写真はないですが
ここは一度見てみるとよいと思います。

遷宮の様子が模型で再現されてて、ちょっと感動します。


内宮へ行く道もすごい渋滞でした。
路面バスを待ってる人もすごかったので、電車で来るのをやめて
バスツアーにして正解だったなと思いました。


1450084_363092837167387_1651426321_n.jpg

鳥居の中は撮影禁止です。
入る前に失礼して・・

1459751_363092883834049_414031477_n.jpg

旧社殿です。
本殿まで3枚の扉があるそうです。
取り壊しんいなるまでの今しか見れないそうです。


内宮編へつづく


おだいっさん。

私の祖母も母も弘法大師を信仰していて
実家には弘法大師様の木像があります。

座像で高さが40~50cmぐらいのわりと大きな仏像です。

もう何十年も前からあるので
今では黒光りしています。

私は小さいころから、何かあるとその仏像の前に座ってお願いごとをしたりしてました。
その時の弘法大師さまの顔がいつも違います。

ニッコリと優しく微笑んでいる時もあれば
少し下に視線がいってるときもあり、ものすごく怒っている顔の時もあります。

自分がふと見たときのお顔の表情が
柔和だとホッとします。

弘法大師様のことは我が家では祖母がいつも「おだいっさん」と呼んでいて
毎月21日になると「今日はおだいっさんの日」と言ってました。

まるで友達の話をするように「おだいっさんはなぁ・・」とよく話してました。

四国の霊場88カ所巡りを何十年も続けていた祖母には
それなりの不思議体験も多かったようでしたが
あまり孫と話す人ではなく、子供としては懐いてはいなかったので
もっといろんな話を聞いておけばよかったなと思います。

今日はあっちのブログ、こっちのブログで
高野山や弘法大師の記事を見たので書いてみました。

そして、高野山と厳島神社がご縁があるという記事もありましたが
弘法大師に親しみがある私が、なぜか厳島神社が大好きで何度も行ったのに
まだまだ行きたいところであるぐらい気になる場所だというのも面白いなと思いました。


今年は一度、一人で高野山にいってみようかな~とふんわり思ってたのですが
これはぜひ、行ってこよう!と思いました。
いつ~?(-"-)



スカッと!ではないけど。

2chのまとめサイトなどを読んでて
最近思いだしたことです。

今から8年前。
私は2度目の離婚をしたあとで、1人で4人の息子を養っていかなければいけなかった。

男並みに働き、男並みに稼ぎたいという私の猛アピールを
気に入ってくれた人事担当者が採用してくれた会社は
デパ地下で惣菜を売るお店を全国のデパートに出店している大きな会社だった。

それまでの事務職と比べて収入が大幅にUPする。
大変なのは覚悟の上で、でもそこでがんばってなんとかマネージャークラスになれば
もっともっと収入もあがるし、とやる気はマンマンで入社した。

前職の退職から翌日にいきなり全国売上NO1店舗へ入るように言われた。
まだ研修もなにもうけてないまま。

その年、その百貨店の野球チームが優勝して(あ、わかってしまうが)
優勝セールがあるので、応援にいけということだった。

応援といわれても、なんもわからんのに・・


いきなり次の日にお店に行くように言われ
顔見せかと思ったら、いきなり制服を渡されて
店頭に立たされた。

(え?・・今日から働くって聞いてないけど。)

その店は店長不在で、22歳ぐらいの(チャライ)若い男が店長代理で
あとは私と同じ年ぐらいのおっさんが「パート」としてサブでいた。

本部の社員の人は、私を店に入れると
そのまま帰って行った。

この時点で、店長代理もサブのおっさんも私が社員になる人間だとは知らされず
ただ新しいパートのおばちゃんが来たと思っていたらしい。

普段でも人の多いデパ地下は、優勝セールで異常な雰囲気。
その中で訳もわからず店頭に立たされて、どうしていいのかもわからず
アルバイトの女性が計量の仕方や、レジの扱いなど
基本的なことだけ教えてくれた。

何がなんだかわからないままのスタート。
誰が誰なのかもわからない。

それでも必死で人の動きを見ながら、仕事を覚えて動いた。

古いパートのおばさん(同じくらいの年齢)は完全に私をシカトした。
挨拶しても無視。
質問しても無視。

もういいや、と思ってたらサブのおっさんに店のバックヤードに呼ばれた。

「お前、自己紹介もしてないらしいな!」

「は?」

「○○さん(古いパートさん)にちゃんと挨拶してないやろ!」

(いや、ちゃんとしてましたが・・)

「いい気になんなよ!」あとは覚えてない。

今まで言われたことがないほど、いろいろと罵倒されて
悔しさや腹立たしさで、カッー!となり覚えてない。

その日は帰ってから布団の中でワンワン泣いた。
翌日、目が腫れあがるほど泣いた。
それでもまた店に行った。

負けたくなかった。

この会社に入るとき、息子たち4人を前に話し合いをした。

大変な仕事になること。
時間も朝早くから、夜遅くになること。
休みも日曜や祝日にはならないこと。
みんなに協力してほしい。お母さんがんばりたい。

息子たちも応援してくれて、家のことや
下の子の世話、下の子たちも自分たちでできることはする、と
約束してくれた。

がんばらなきゃ!それしかなかった。

目を泣き腫らしても出勤してくる私にそのサブのおっさんは
「ええ根性しとんな!」と言った。

私はニッコリ笑い返した。
「ええ!」

それからも古いパートさんだけでなく
若い店長代理やサブのおっさんのイジメは続いた。

社員だと聞いてから、更にひどくなった。

料理長からは「この仕事は女には無理だ!(早く辞めろ)」とかも言われ
若いのからは社員としての仕事を一切教えてもらえず
サブからは嫌味を言われて、古いパートさんは相変わらずシカト。

それに同調して同じように見下すアルバイトもいたけど
仲良くなっていろいろと教えてくれるアルバイトの人もいた。

私はとりあえず、明るくがんばろうと決めていた。

しかし、そんな私のストレスは子供に出てしまった。
3男が帯状疱疹になり入院寸前と言われた。

3男は寂しかったのだろうと思う。
ごめんね・・お金よりもこの子たち方が大事だな。

そう思うとスッキリして辞めようと思った。

本部に話すと、「あの売り場は問題あるから変えて欲しかったんだが・・」と言われた。

それならそれで、店に入れる時の入れ方もあるだろうと思った。

その後も放置してたくせに。


売り場を変えるから、もう一度がんばってもらえないかと言われた。

私は3男に相談した。
3男は「辞めてほしいと思ってたけど、やっぱりがんばってほしい。」

無理してるのだろうとは思ったが、もう一度やってみることにした。


次のデパートでは、ちゃんと紹介されて事前に店長と顔合わせもした。
そこにもおばさんのパートはいたけど、みんな仲良くて
すごくいい雰囲気の店だった。

私はそれまで教えてもらえてなかった社員としての事務仕事が
たくさんあることを知った。

アルバイト、パートの人たちのシフト作成や管理。
在庫の調整や確認。
デパート側とのメニューの打合せ。
売上の報告や小口現金の出納など・・

ただ売り場にたって惣菜を売りだけじゃなくて
お店の運営に関わることがたくさんあった。

おもしろかった。楽しかった。

前の店のサブのおっさんもパートから社員になれるらしいと
噂で聞いた。
そして、他の店へ異動が決まったらしいと。

若い店長代理は退職した。

ある日、まだ客が少ないお昼前の売り場に立ってると
サブのおっさんがフラリと来て前に立った。

「楽しいか?」

「はい。」

「お前やったら、どこいってもやれるわ。元気でな。」


それだけ言って去って行った。


泣きそうになった。小さくガッツポーズした。


この時の経験は、それまでのどんな経験よりも辛かったけど
それは私によい意味で自信となって残った。

あの「お前やったらどこいってもやれるわ。」という
言葉はいつまでも、今でも心に残ってる。


その後、自分の体調がダメになり
お金稼ぐより健康の方が大事、ということで
また事務職に戻ったが

その時は前にいた職場が歓迎してくれて
私は恵まれてるなーということを改めて実感したのでした。

「祭り」のあと。②

「祭り」では、出店者も好きなセッションを受けたり買い物できるよう
休憩時間が設定されてました。

どのセッションも「受付開始!」となると
予約が埋まっていったようでした。

今回はぜひ対面でのカモワンを体験したいと思っていましたが
休憩時間の2枠がifさんになってたので、
これは絶対人気があるだろな、キビシイ・・と半ばあきらめながら

ふら~・・とカモワンのテーブルに行くと
ifさんの枠が1つ消されていました。

(やった!空いてた!ラッキー!)


カモワンで聞きたかったことは、決めてました。

「今度、引き取ることになった夫の娘とうまくやっていけるか?」


YES。

これは1枚がRでしたが、解決カードで納得。
展開も小さくすんで、一安心な結果となりました。


「まだ時間あるよ。もうひとつ質問考えて!」

「どうしてもあきらめきれない商売の夢。飲食業やってみたい。」

「もっと具体的に、期限決めて質問しなさい!」

「は・・はい!じゃ、来年の年末までに利益が50万以上になる商売ができるか?」

「50万はすごいよー30万にしなさい。」

ということで、30万で・・・


結果はなんと、3枚正位置の完全YES。

DSC_0747.jpg


「これは、50万いけるわ!」ということになりました。
(詳しい内容は長くなるので省きます)


私もifさんにカモワンを教えてもらったけど
やっぱり電話より、こうして直に解読していくのを見せてもらい
ただ単にカードの意味だけじゃなくて、絵柄から人の背景も含めて
解読していくんだなぁ~と改めて勉強になりました。

(久しぶりにカモワンしてみよ~)

この結果は家に帰ってから、夫に報告すると
バカにして鼻で笑うかと思ったら、わりと興味深く
「フンフン」とマジな顔で聞いてました。

ま、娘とうまく行くと出た結果は嬉しかったようです。
夫にはifさんの鑑定にアレンジを加えて

「やっぱりあなたががんばってくれてるからこそw」みたいな
ことを付け加えておきました。



私はもしお店をすることができたら、そこではこっそりと
ペンジュラムをやりたいと思ってます。

口コミで「あそこで占いあるらしいよ。」みたいな感じで。

初めてジュネさんの解読を受けた5年ほど前に

「なにか人が集まるような場所をもつことになりそうね。
 そういうスピ系の人のね。そういう人が集まってくるようなお店か何か・・
 そういう風になると思う。」と言われました。

それが頭の中に残ってるのかもしれませんね。


私の休憩時間のカモワン担当がifさんだったことも
たった2枠しかないのに、たまたま空きがでたことも
そうして、ifさんにカモワンしてもらえるようになったことも

すべてが繋がってることならば
このカモワンの答えも、神様が私に伝えたかったことなんだろうと思います。



「会社の課長だか何だか、いい上司がいるって書いてたじゃないの?」

と思ったあなた。ifさんにも突っ込まれましたが。


そこいらの話はまた後日に記事にしますね。


で、爆裂2次会・3次会・4次会は「祭りのあと」③で。

~お知らせ~

9月22日(土)に開催されるPANDORAお話会に出店します。

内容は「ペンジュラムによる意識レベル判定」です。

   ☆1回 約20分 ¥500- 

   ☆「最高・最低・普段」の意識レベルを判定します。


対面は初めての体験なので、今から緊張しています。

昔、小学校の頃に10円玉に友達と小指を乗せて「こっくりさん」をやったことを
思いだしますが・・^^;


ご本人の目の前だと、よりリアルな数値が出るのではないかと
楽しみでもあります。

「お祭り」なので、私もお客様と一緒に思う存分楽しめるようにしたいです。


よろしくお願いします。



(その後の夜通し行われるであろう打ち上げの方が目当てだったりして・・)

nao


最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。