スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫉妬。

昨日の夢。


私は若い女。
夫はとてもイケメン。
私たちはとても仲がよくて、夫はとても愛してくれている。


夫が外泊している。
でも数人の男性友達といると言う。

でも私は女の人もいるんだとわかっている。

私はなぜか夫がどこにいても、夫の様子が見えてしまうようだ。

しかも、その女性は私の友達。

私は外見は若い女だけど、実は中身は今の私なので
「若い方がいいのかしら」と思ったりしている。

私はその女性友達と買い物に行く。
その女性が夫のために靴下を買っている。

「明日履いていく靴下がないから。」というのを私は奪い取る。

「じゃぁ、もらっていくわ。だって、帰ってくるから。」と
ニッコリと余裕の笑顔で言い
その女性は固まっている。

夫は仕事先で何か失敗をしたのか
少し茫然自失となって歩いている。

カバンを落としたことにも気づかずに歩いていく。
(そんなでっかいもの落としたら気づけよ!)私は遠くから突っ込んでいる。

夫が行ってしまうと、別方向から来た男性が
その夫のバッグを拾って、行ってしまう。

あわてて戻ってきた夫。
カバンを探しているようだ。

カバンの中には携帯も入ってる。
連絡が取れないじゃないか。

「靴下は私が持ってるからね」って言わないといけないのに・・

夫やその男友達が雑魚寝している部屋にいる私。
どこかで携帯が鳴っている。
どうやら夫の布団の中で鳴っている。
(もう一台携帯があったのか・・)と思う私。

夫の携帯に出ようか迷う私。
男友達が、「出ればいいよ」と言ってくれたので出ることにした。
夫はまだ寝ている。

「もしもし」
「警察です」

夫が落としたカバンを警察に届けてくれた。
その中の携帯からかけているらしい。

「夫さんはいますか?あなたは?」
「妻です。」

妻だという証拠を出せと言われる。
生年月日とか暗証番号も知っているという。

「夫さんはいますか?」
「隣で寝ています。」
「では出してください。」
「寝ていて起きません」
「ほんとはいないのですね」

どうやら警察では女友達が夫のことを「私の男だ」と主張して
携帯を引き取りに行っているようだ。
警察はそれを信じていて、私を疑っているようだった。

「私が妻です。」
「いや、電話だけでは証拠がない。ここには女性が来てますから」

そんなことを言われた私はショックで部屋を出る。

空を飛んでいる。
空というより、マンションの中を低く浮遊している感じ。

「あ、この部屋は空き家だ」と入っていく。

「カギもかけないで管理悪いなぁ」と思いながら、
部屋の中を浮遊する。

オール電化のキッチンだ。

少し荷物がある。

ん?空き家だと思ったら、誰か住んでるみたいだ。
どうしよう。空き巣みたいになってしまった。
ベランダから飛ぼうか・・いや、怖いな・・

そんなことを考えながら階下へ降りようとすると
下からテレビの音が聞こえる。

やばい、誰かが来る。

どうしよ!見つかるよ。
言い訳・・・ないよ。

なんとなく入ってみたなんて、誰も信じないよ。

どうしよ、どうしよ。

ベランダから隣の部屋を見ると、そこは妹の家だ。
いや、行った事ないけど、妹の家ってことにしておこう。

妹の姿はないけど、妹だしいいよね。
長いこと会ってないけどいいよね。

そう思いながら、妹の部屋へ行く。

その瞬間、下から家の人が来る。
まるで私は妹の部屋にずっといたんだという仕草を見せると
その部屋の人は、また階下へ降りていった。

見たことない男性だった。

やれやれ。
妹の部屋から外に出ようとすると
部屋に誰かいる。

え?こんな時間(昼間)に?誰?

それは妹の元夫だった。
後姿だけだったけど。

(何やってんだ?昼間っから。相変わらず仕事もせずに!)
(やっぱりヨリを戻してたのか。こんなヒモ男と!)と少し腹が立つ。

さて、どうやって出て行こうか。
妹の元夫になんて言おうか・・

「あれ~居てたの?なんでここに居るの?」とか、すっとぼけてみようか・・

そんなことを考えながら、
もうそろそろ起きる時間だな、と思う。

なんか八方塞な感じになったし、起きるとするか。

そう思って私は目を覚ました。
目覚ましが鳴る2分前だった。

目が覚めてからも、やけに鮮明に残る。

私が嫉妬したこと。
相手の女が嫉妬したこと。

その感情がリアルに残る。

でもちょっと軽いチャラチャラしたように見えるイケメンな夫は
実は浮気なんてしなくて、私を大事に思ってくれてたんだという
結末もわかっていた。


これもパラレルだろうか。


私の夢の中の夫はいつもイケメンだ。

この世界では当たったことがないがw





久しぶりに

夢を見た。

最近はバイトから帰ると1分1秒でも早く寝たいのに
脳はさっきまでの仕事モードが抜けなくて、寝てても頭の中では接客しているという・・
とっても疲れる睡眠で、

そのためか、バイトがない日も疲れてるのに寝つき悪く
日曜日は昼間っから爆睡・・とか
リズムがめちゃくちゃだった。

バイト先で話してるとみんな同じらしく
「寝れないんですよね~脳が興奮したままで・・」と話してた。

OPENして、研修してきたことを必死で思い出しながらの接客は
とっても神経を使うようで、からだより脳がヘトヘトになってしまうのです。

それで、そうだなんか鎮静してくれるようなCDでもかけて寝よ。

と思い、夜中に帰ってネットで探すのも面倒なので
ヘミシンクのメディテーションでも聞いておこう、とヘッドフォンして寝ました。

なんか・・すぐ寝れたと思う。
短時間睡眠なのに、ちょっとスッキリ感もあった。


翌日は休みで「今日は早く寝るぞー」と思って布団に入った。

即寝。そして、夢を見た。
ほんと、久しぶりの夢。


ifさんちに行ってきた。
しずさん、rindenさん、ゆずかさん他にも何名かいたと思う。
ご飯はifさんちで、宿泊はホテルだよ、ということで荷物を置くためにホテルへ寄り
ifさんちへ行くときに、みんながそれぞれ自分の好みの飲み物(酒)を買う。

誰だったか忘れたけど「チューハイにしようか、どれにしようか」とウダウダ悩んでたので
「両方買え」と言っといた。

ifさんちでは、ifさんのご主人や息子さんもいて
いっぱいお料理を出してくれて、もてなしてくれた。
でもご主人は話には入らずに部屋を出て行かれた。
息子さんは男前だった。

話した内容はたいしたことはないように思う。
大阪の名物はこんなだ、とか食べ物の話題が多かった。

ifさんが自家製の白菜のお漬物を出してくれた。
すごくおいしい。夢なのに味がした。

「すっごい美味しいです!ネットで売れますよw」とか言いながら。
ifさんは、「なんか急に思いついて作ってみたのさ」と言っていた。

あまりにも美味しいので、ifさんに作り方を教えてもらおうと思うけど
「簡単だし、それぞれ自分のやり方があるでしょうから」と詳しく教えてもらえない。

「ifさんがいなくなったら、どうしたらいいんですか?食べれなくなるじゃないですかー」というと

「そのときは、自分で考えて作りなさい」と言われた。



きっと、「もっともっと自分自身で考えなさい」というメッセージだと思う。


途中でトイレに起きるものの、また即寝で続きをみるという・・
ほんとに宴会中にただトイレに行ってきた、みたいな感じだった。


目が覚めても、あのお漬物の美味しさが忘れられない。



某牛丼屋で働く

昨日の夢の中で、某牛丼屋で働く・・という体験をした。

そこは地元の吉○家。

お店はよくある感じで、U字型カウンターが2列。
特に大きな店でもない。

そこの厨房で働くことになった私。


店のわりにどでかい厨房、
というよりもまるで宇宙船か何か。

各ブースではそれぞれが担当する作業をしてるのですが
ものすごい人数。

「今日からですね、じゃぁ、まず制服をもらってきてー」と言われて
奥の中2階のようなところへ。

「長靴はすぐに盗まれるから気をつけてね」と言われたら
早速盗まれてて、びっくりする。

あなたの担当はこっちですよ、と連れて行かれるけど
「今日はまぁ最初なんでね、見習いですね」って言われた。

でもお寿司を握る人が急に休んだらしい。
誰かお寿司握れないかなーと言ってる人と目が合う。

「できる?」

「はい。わたし、スーパーの惣菜で働いてたときにお寿司も握ってました。」

・・・いや、あれって握られた寿司飯にネタ乗っけてただけで握ってたってほどじゃ・・


「そう!じゃぁ、今日はお寿司担当で!」と言って
新人なのにいきなり任されてしまった。

「ご飯はここでもらって」と説明を受ける。

足元を見るとレールになってて、その下で作業をする人たちがいる。
ちょっと制服が違う。
ここは担当ごとに制服が違う。

上から、「ご飯ください!」というと
大きなボールにご飯を入れてくれる。

それで寿司飯を作るらしい。

(えー!自動で握ってくれないのかあ)と思ってる私。

でも厨房と店の規模の割りに寿司用がすくなっ!

(ていうか、牛丼屋さんで握り寿司とセットとか食べる人いるか?)と疑問に思う。


先輩が他の作業も教えてくれる。

天井にレールが引いてあって、大きなトンネルのようになってるところに
ご飯を入れる。

すると、途中で分割されて1人前づつの量になる。

牛丼を作っているところにいくと
そのご飯は「パカッ!」と下に落ちてくる。

それを上手に丼に受けて、牛丼を作ってる。

「こうしてお客さんの数を考えながら、ご飯を入れていくんですよ」

「えー難しいですね。これって繁忙のピークのときとか大変そう・・」


お客さんに呼ばれる。

「お茶ください。」

「おかわりください。」

「オラオラ~しっかり対応しろよ~」とか客に言われる。

「は~い!」とニコニコしながら、忙しく動いてる私。


「いろんな客がいるからね。気にしないでいいから」と先輩。

別の作業レーンに行くと
ファーストフード的な制服の若いイケメン。

「この店って働きやすいですねw いい人ばっかりで、僕全然つらくないです。
 東京から通ってるんですw」

(えー!東京から?・・てか、ジャニーズのキスマイなんとかの人でしょ、あんた)

私の夢には必ず、イケメンが登場する。


「私もここ働きやすくて気に入りました。いい人ばっかり!
 前に『す○家』で働こうと研修行ったけど、1日で辞めたんです。
 あの店よりずっと働きやすい~」と言ってました。

確かに『す○家」の研修に行きました。
なんだかバカバカしくて、1日で辞めました。

でも決して『吉○家』推しではないんですけどね。わたし。




巨大な工場のようになった厨房で、
ものすごい人数が働いていました。

お寿司は、たぶん・・

この日の夕方見たテレビ番組の特集がおすし屋さんで
「食いてぇ・・」と思ったから脳に残ってたんでしょうね。

この夢から何を学びましょうか・・

夢から探る

昨日は「ソルフェジオ周波数」というのを聞いてみた。
脳にぐわ~んと響いてくる感じで
宇宙にフワリと浮かぶようなイメージになって心地よい。

そのまま寝てみることにした。

深い眠りで記憶はあまりないけど
どこかの山を目指していた。

「烏・・山」っていう名前。


完全に日本語の夢なのに
なぜか私はそこを韓国か中国だと思った。

色は緑が鮮やかで、そんなに厳しい登山ではなかった。


数名で向かっていた。

楽しんでというより、何か使命のようなものを持っていたと思う。



起きてから、その「烏・・山」が気になった。


なんか変わった読み方だったような気がして
それで韓国か中国の山だと思ったようだ。

ネットで韓国と中国の山を検索してみるものの
それらしい名前は出てこなかった。

日本で検索するとヒットした。

「烏ケ山」
「鳥海山」

直感で「鳥海山」だと思った。

今度は鳥海山を検索してみた。


鳥海山には大物忌神社があり
大物忌(おおものいみ)とは伊勢神宮の祠官のひとつで
主として天照大神に大御饌を奉仕するお役のことらしい。


去年、伊勢神宮に参拝したとき
内宮の本殿のところで、白い装束で何かをささげもちながら
階段をあがるというビジョンが見えたことがある。

それ以前から、そういった夢を見ることが多かったので
何かしら伊勢神宮で奉仕をしていたことがあるのだろうと思っていた。

またここで、そんな縁が出てきたので
やっぱりそうか、と改めて思い
少しづつ近づいてるようにも思う。


鳥海山がある山形県・秋田県には行ったこともないけど
昔伊勢神宮で使えていた末裔と思われる人が多いらしいので
行ってみれば何かあるのかもしれんな・・とも思った。


いつか行ってみたいところのリストに
鳥海山を入れておくことにした。


はじまってるw

お話会が近づいてきた。

毎日関連した夢を見る。


日曜に見た夢は(なぜか)東京開催なのに
しずさんが一旦大阪まで来て一緒に行く・・という


しずさんはバブル期に流行ったボディコンスーツで
白と黒のツートンだったので
この前グアムの海で見た魚みたいだ・・と思ったら

どうやら週末は「しまうま」になっていたらしい。

新幹線というより未来の乗り物みたいなので
二人で東京会場に向かう、というただそれだけなのだけど
時間がギリギリで遅刻しそうになった。

とか、そんな内容だった。



そして昨日は、長い夢を見てた。


お話会に行くので「6時に電車に乗らないとw」って思ってるのに
警察署の前で遺体を発見してしまう。

それはどうやら、最近話題の事件の犯人らしい。(ようわからん)

いま、ここで通報したらなんだかんだと聞かれて遅刻する。

でもこのままでは行けない。

いや、他の人に頼んで通報してもらえばいいじゃん。

私がしたら、第一発見者になってめんどくさいよねー


と、いろいろ考えてる。(考えてる時間が無駄だろうと自分で突っ込んでる)


でも結局は自分で通報して、「急いでるから、続きは帰ってから!」と
駅へ向かう。

そこで「230円の切符を買う。(いや、たしか270円でしょ)」とか思ってると
若くてイケメンの男の人が

「小銭をたくさん持ってるので、両替してくれませんか?」と言ってきた。

「いいよいいよ。してあげるw」と「1円10枚で10円・・」とか数えてた。


時間ないねんけどなーと時計を見る。

5時45分。あと15分あるか。


両替をしてあげて、時間がないからとさっさと電車に乗る。

「名前も聞いてないなーもう会うことないなー残念だなー」と思ってたら

なんでか職場の同僚だった・・という設定になってた。

(ものすごく自分勝手に設定を変えてしまえるようだ。)

「わーいwまたあのイケメンに会える~」と内心喜ぶ。

「飲み会しましょう~」とか盛り上がってたりする。

「わーいw わーいw」




そこで、「あ!お話会に行く途中やった!」と思い出し

また元の設定に戻る。

また時間は5時45分。

「よし、間に合うぞ」と安心する。

ここで考える。


これは当日遅刻すんなよ!という注意喚起かもしれん。

気をつけましょw


昨日の夢はあっちこっちに話しが飛ぶものの
また元に戻り5時45分から再スタートした。


これはきっと、寝る前に考えたことが関係していると思う。

いつもより早く1人でベッドに入り、考えた。


(あーあ...明日起きたら違う人生になってないかなぁ。もうイヤだな、この人生)


いろんなことがめんどくさくなってしまい、

もし別の時間軸での別の人生があるなら、そっちの意識になりたいなーと思った。



朝、目覚めて弁当を作りながら

(あーやっぱり変わってなかった。)と思った。

もしかして、旦那が新しくなってないかと見てみたが変わってなかった。


夢の中のように都合よく設定は変えられない。

でもこれが私の望んだものなら、仕方ないのかしらね。



今朝、自転車に乗ってるときに頭の中に出てきた歌は

「もしも僕たちのこのあらすじが、鉛筆書きだったなら
 もう一度ぐらいなら恐らく、ほら、書き直せたかもしれない」

という題名は忘れたけどさだまさしさんの歌だった。


そっか。

でもここまでは書き直せないかもしれないけど

ここから先はまだ修正可能なはず。



がんばれ、私。



最新記事
最新コメント
カテゴリ
◎お問い合わせ◎
ペンジュラム判定のご依頼はこちらからどうぞ。 折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

読んでいただいた方
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

楽天ショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。